ネット検索で前進

模擬テストに挑んだ結果

恥かしながら、知識はこんな程度だということを披露しちゃいますね。
新聞の広告だと思っているんだが語彙・読解力検定の記事があった。
10問程度のサンプル問題が出ていたのでやってみた。
サイトの問題がまるっきり出来なかった。
自分でWEBサイトを作っているのに、こんな程度かと思い知らされた。
①ポータルサイト
②キュレーションサイト
③マッチングサイト
④ディザーサイト
⑤ナビゲーションサイト
の意味が分かりませんでした。そこで検索してみた。
①:ポータルとは入り口のことでネットにアクセスして最初に行ったサイトだって
②:インターネット上の情報を集め、まとめることだとさ
③:欲しい人とそれを提供できる人を仲介することらしい
④:これが良く分からない。公開前の商品やサービスをインターネットを利用して広告を打つことのようだが「?」だ
⑤:ナビゲータと言えば案内とか思いついたが、ユーザーが行きたいサイトを案内することのように取れた
ここまではどうでもいいことだが調べたから書いたまでで、書けば少しでも憶えるかなと淡い期待をしているんです。
こんなことも知らないでブログを作っていたなんて、と呆れられてしまったかも知れませんね。

語彙

ここからが本番

この字、分かりますよね。語彙の彙ですね。
この彙の上の部分が老眼ではっきりしないし、分からない。
最初は「ヨ」と見えたがどうも見分けがつかない。もちろん、書けません。
上の文字は、検索して漢字の正しい書き方様から引用させて頂きました。書き順も載ってましたので理解できました。
「ワ」カンムリ(冠)の上の部分、私が見分けることが出来なかった部分ですがケイガシラという部首だそうだ。
読みには訓と音がありますよね。
「イ」は音読みですが、訓読みでは常用漢字としては無いんだそうです。引用先漢字・漢和・語源辞典様。
それでも常用漢字外の読み方が書かれてまして「あつめる」「たぐい」「はりねずみ」「うるわしい」とありました。
この文字の意味として「あつめる」「たぐい」とあったのでこれは分かりますが「はりねずみ」は思いも寄らない読み方です。
ショックだったのはこの字を中学2年で勉強するんだそうです。
私は中2にも及ばない実力だってこと。
言い訳になるが、今の中学生のほうがレベルが上がっているんではないか?
私のブログで振り仮名を用いていますが、これはブログ書くなら中学生レベルに合わせろと書かれたサイトの教えを守っていたつもりですが、これじゃ自分のためにカナを振っているようなもんですね。

読み書きの難しい字は沢山あります。
これからでも遅くはないよ、憶えろよと言われるかも知れませんが自信が持てません。
元々知識の持ち合わせが少な過ぎたんだからね。
憶えるにしてもその量はかなり多い量だと・・・覚え切れないと自覚してます。

まー、今日この調べたこともすぐに忘れるだろうと思ってます。
歳のせいだ、老化現象だと逃げの手を打っているだけ
便利な世の中だ、ネットで検索すれば辞書で調べるより簡単ですものね

でもこんな教えがありました。
学問に王道なし
勉強するなら安易な方法を取ってはいけないとのいましめだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました