応用が効かない年寄り

ファイルが開かない

本日は少し毛色の変わった話です。
パソコンを使って調べたり作ったりしますが、Windowsでなければ表示されないサイトがあったりします。
私はリナックスで動かしていますので「Widowsで見て下さい」なーんてサイトに遇ったりするとノートパソコンを引き出したりしなければなりません。
今回もその類です。
マイクロソフトOfficeのエクセルである表を見ようと思ったら、開くことが出なかった。
散々てこずって分かったのは拡張子が違うからだとね。
私のノートパソコンはexcel2016だがこれは拡張子が.xslxで今回開こうとした表の拡張子は.xlsです。
この違いが影響していると見込んでいろいろ検索かけたが一向に解決できませんでした。
ようやく今日解決できたので自分用にメモすることにしました。

こんなに簡単

検索してこうしろ・あーしろと書かれているが私にとって理解できないことが多すぎました。
結論、コロンブスの卵です。
ファイルの関連付けというらしいが、この解説がド素人の私には理解できないことだらけ。
苦労したけど解決したんで・・・メモしておきます。
Windows10 MicrosoftOffice2016の環境です。
やったこと
1.MicrosoftOfficeを入れなおした。(この作業はもしかしたら必要なかったかも)
2.フイル関連付け作業手順
 ①スタート→設定→アプリとクリックしながら進める
 ②規定のアプリというページが表示されるので、左の列の「規定のアプリ」をクリック
 ③表示された画面にメール、アプリ・・・等々のさらに下に「規定のアプリの選択」という項目があり、「ファイル種類ごとに規定のアプリを選ぶ」をクリック
 ④ここに表示された左の列にはアルファベット順に名前が表示された。
  目的は.xlsファイルだからずーっと下。
  この.xlsと表示された右側にIEのマークがついていた。
 ⑤IEマークをクリックしたらアプリを選ぶ画像が表示され、その中から「Excel2016」マークをクリックすれば.xlsはExcel2016に関連付けできたこととなった。
実はこの作業は一度やったはずだったが最初にIEマークをクリックすれば良かったのにそれに気が付かなかっただけだ。
それと今回この作業手順まで進めるにあたってOffice2016を再インストールしたのはもしかしたら不具合があったかもと不信感からでした。
再インストールするにあたって注意すべきはプロダクトキーが必要だということだ。
私も探しまくったね、プロダクトキーは重要だから捨てたはずはないが、どこにしまったか忘れたんだ。
もちろん見つかったから再インストールできたんですけどね。
ダウンロド先はhttps://setup.office.com/downloadoffice/で、windowsのアカウントを入れて更にプロダクトキーを求められます。

反省すべきは己

手こずった原因は皆様から教えてもらった手順はwinbdows7とか、ちょい古の機種だったりするから迷わされたんだと気が付きました。
今回は応用が効かない歳だなーとつくずく感じました。いい例は「コントロールパネルから入る」と説明されていたが私のノートにはコントロールパネルが見つからずこいつを探すことから始めなくっちゃならないです。
Windows機という慣れないOSから起きたやっかいごとでした。
この記事も分かりずらいと読み返してみて分かりました。ひとに伝える難しさを経験したってことだ。
そうは問屋は卸さないから適当にお茶を濁さざるを得なかったのが本音。
自分ができないことを人の世話にまで手を広げるなって教えから
頭の上のハエを追え

コメント

タイトルとURLをコピーしました