結果オーライ

内科で訴えた唇のしびれと高心拍数の原因を調べるため今回久ぶりに血液検査を受けた。
このきっかけは毎日測定している血圧のついでに表示される心拍数も一緒に記録しているが、その結果が異常値を示したために受診日に先生に質問したのがきっかけだ。
唇のしびれは自分の判断で言えば食い物かなと思っている。
魚が原因?、特にタタキがいたずらしているんじゃなかろうかと疑っている。
食い物もふくめ以前と変わりなく食しているんだから疑問だらけだ。
高心拍数とは6月から今日までに3回出た。
私は普段40〜50/分で推移しているのに前述の3回は68〜78であった。
75÷45で計算してみると約1.7倍となる。
但し、高数値であっても自覚症状はまったく無く、いつもと変わらない。
言うならばかかりつけの先生に、定例の診察日とぶつかったから訴えてみたら検査してみようとなったのだ。

検査の結果

結果は良好、特に指摘される項目はなしとの御意見を頂戴した。
のんべであれば肝臓(ガンマGTP等)とか脂肪(○○コレステロール)に関する数値は良くないと思われたがクリアしているようだ。
私として最も関心の強い項目は尿酸値だ。
正常値は2〜7の範囲であれば正常とされているが、私が痛風を発症した時は6.8でいわゆる正常の範囲でありながら発症した。
その後やや値は下がったものの6.3以下にはならなかった。
今回の測定結果は4.8。
そこで先生に薬を飲むのを止めたいと申し出た。
止めて様子を見ることに合意された。
この痛風の薬は20年以上飲み続けてきたものだ。
今回で一応の終止符を打つことが出来たのはラッキーだった。
果報は寝て待て
待つこと20年、いい結果に恵まれました。
でも、真の原因は取り去ることが出来たのか不安は残る、これ本音。

コメント

タイトルとURLをコピーしました