暮らしに便利な町

自転車専用道路

車道に青の線が引かれているのに気がついた。 ここを自転車に乗った人たちが通りすぎてゆく。 もしかして自転車専用帯なのか? よく見たらここは自転車専用帯として区分けされていました。 専用道幅約2M、皆さんは一方通行のようで方向は自動車と同じ向きで走っているのが確認できた。 起点は駅前の交差点からどこまで行けるのか興味半分で走ってみたら1KM程度かな。 今まで直線の道でしたがここから直角に曲がって坂道を登る地点で終わりでした。中途半端な距離ですね。 そう言えば私の連れ合いが、自転車の通行区分帯が駅前に出来たことを話していたのを思い出しました。 ここを歩くのも私自身は殆どなかったので気が付かなかっただけです。 お役所がせっかく設けてくれた施設ーーも私にとっては縁遠いものでした。宝の持ち腐れっぽいです。

試走

私も試しに走ってみました。結構快適です。というのは歩行者がいないので走りやすいと感じました。 駅前の道路とはいえ、信号が変わって3〜4台の車が通りすぎれば後続も殆どなしという程度の交通量だ。 おっとと、小型トラックとその前にバスが行く手をふさいでます。 バスは停留所ではありません。どんな理由でこの青線部分に停車しているのか確かめようもありませんでした。 一瞬迷いました。青い線をオバーして車道に出るか、それとも歩道へ戻るかとね。 結局安全策として歩道へ回避しました。 何のことはない、これでは安全便利とは言えませんね。宝の持ち腐れっぽいです。

自転車は便利

私んところのような地方都市では自転車は大活躍です。 通勤通学はには欠かせない交通手段です。 バスもありますが、通勤時間帯でも10〜20分の間隔でしょうし、この時間帯を外れれば行き先によっては1時間当たり2〜3本程度だから便利な自転車となるんでしょう。 通勤時間帯に歩いてみたら分かりますが自転車って怖いですね。 特に後ろから来る場合、音もなくそばを通りすぎてゆく、そしてその速度は決して遅くはありません。 私も現役の頃は朝晩利用してましたからよく解りますが、のんびりまわりの景色を見ながらってわけには参りません。 電車の時刻に合わせて駅まで行かなければならず、余裕なんてあるはずもない。 ま、この時間帯で駅までというと幼稚園児とかに会いませんし、ここは小学校への通学道路とは離れているから自転車も速度を出すことになるんです。 自転車による事故が多くなってきているようでお互いに気をつけたい。 特にスマホを見ながら運転の諸君くれぐれも気をつけてね。 走る凶器と決めつけた私も今だから言えるのかな 人のふり見て我がふり直せ

コメント

タイトルとURLをコピーしました