私のブログ歴

このブログについて考えた

今更ですが、ネタを探しているうちにこんなテーマにたどり着いた。
そもそもブログとはウエブログからブログと称されるようになったとか。
インターネット上に記録されたもの、と言われてます(釈迦に説法かな)
難しいことは分からずとも実際にブログを発行しているんだと、私自身は大真面目に思い込んでいる。
弊ブログのような単なる思いつきではなく、自分が経験したことの開示とか、知識・やり方を公開して参考に供したりすることができたらそれは素晴らしいブログとなるでしょう。それができたら大満足なんですけどね。

私のブログの発行履歴3回

初回は、ネット上に公開した動機は売りたいものがあったからだ。
正しくはブログではなく、ホームページとでも言うのでしょうか。
とは言ってもHTML(Hype Text Markup Language=ネットに公開するための決まりごと?)とかの知識もなかったが、友人の力を借りて発行に踏み切った。
結果は失敗し、閉鎖の憂き目となった。
2回めは
私が思ってもいなかったがんに罹って(鬼の撹乱だとさ)その後の状況を報告することを目的として始めたが、3ヶ月に1回の病院通いの報告だけでは間が持てず、日常の暮らしやらを発表するようになった。
このサイトではお世話になったにも関わらず、お借りしていたサーバーの管理上の問題と相手に責任転化して止めてしまった。
3回目がこのサイト。
ブログ発行ツールのWord Pressをいじれるかどうかが動機であった。
難しい理屈はまるっきり理解不能だったが、ほとんどパクリに近い状況でも何とかなると踏んだ。
ブログを発行するにあたって、どんな内容で、読んでもれえる人はどんな人達か、なんてことまで考えて発行したんではなかった。
こんな訳で動機も不純だったりするから、1.5年経った今でも何を書こうかと頭の血の巡りの悪さも相俟(あいま)って、発行頻度も少なく不定期な発行となっている。

ブログ発行目的

まー、天地がひっくり返ってもこのサイトが多くの方々に読んでもらえることはない。
このブログ、何がなんでも広めるんだという思いもありません。
もっと広めたいなら、手段として良く言われているのがツイッターとかフェースブック等のSNSに頼るやりかたもあるらしい。
ブログの読者を固定的な賛同者にするつもりだったら、私個人のことをもっと詳しく書くほうがいいんだとか。
例えば氏名はもちろん、写真まで公開して親近感を持ってもらうのもひとつの方法だとか。
氏名の公開を避けているからこそツイッターとかフェースブック等のSNSの活用もせずにいる。
無責任と誹謗・中傷されようが私はこのブログによって痴呆の進行を防いでいると思ってますから続けている。
文章にすることはそれなりに頭も使いますし考えますからね。

転ばぬ先の杖
ブログ発行の目的と言い訳してるが、こんな程度の作文では痴呆進行止めとなっているのか怪しいもんだ。
ネタ探しも含め弊ブログ発行については悩む必要はない、決めればいいだけだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました