結果はガンだった

昨日病院へ行ってきた。
入院中にお世話になったDr.が主治医として担当してもらえることとなった。
入院中に手術で大腸を切り取ってその検査が判明したのだ。
病名、大腸がん
私がガンになったのは膀胱がんに続いてこれで2回目だ。

幸いなことに大腸と一緒に切り取られたリンパ腺への転移も認められなかったと説明された。
私は切り取られた大腸の現物は見ていないが、手術中に付き添いとして来てくれた連れあい、子供達には説明と切り取った現物を見たらしい。
大腸の塊(かたまり)にくっついてリンパがあったそうだ。
そのリンパ球も検査してくれたということらしい。

こうなれば事後処理として行われるのは抗がん剤治療だとおっしゃった。
切り取ってしまったし、転移も無さそうだとすればこれで終了かと思いきや、画像に写っていない小さなガン細胞が潜んで(ひそんで)いないとは言い切れないとか。
そこで予防保全も含め抗癌剤治療を施すことになったのだ。
抗がん剤はガンにも効くが、正常な細胞にも手を出していわゆる副作用が出ることもあるとの説明だった。
男前のこの俺の顔がドス黒くなったり、残り少ない髪の毛が更に抜けてゆくことも覚悟しなければならないようだ。

この抗癌剤飲む人の体力に合わせて量が決まるんだそうだが、Dr.は頑丈そうな身体だから朝晩7錠づつ飲むようにだって。
加えて抗がん剤で起きそうな副作用を抑えるためにビタミン剤も2錠づつ飲まされる。
私はこの他に血圧降下剤、頻尿改善剤、痛み止め3種類も飲んでいるんだから薬だけで飯はいらなくなりそうだ。
昨晩、今朝と2回飲んだが目立った副作用らしき症状は感じなかった。
抗がん剤は14日飲んで、その後7日間休む、これを1サイクルとして6ヶ月続ける必要があるそうだ。
期待しているわけではありませんけどね、薬の副作用はこれからでしょうね。

悩みは晩酌だ。
昨日からいつもの2合と少しに戻そうとしたが、薬の作用が怖くておちょこ2杯をもう少し続けようかと思案中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました