開花の遅れた桜

中学校の桜

今年は桜の咲くのが例年より遅いとモッパラ世間で吹聴(ふいちょう)されてます。
この地でも遅いもんだから「なんでだー」と言葉を交わしている。
中学校の周囲の桜も、咲いている花を探すのに苦労する程度の開き方。
今日は4月7日、入学式があるらしく真新しい制服に身を包んだ子供らが数人でグループとなって学校の方へ歩いてゆくのに気がついた。
在校生が投稿する時間はとっくに過ぎている時間帯だ。
小学校時代の仲間と一緒だから一見楽しげだが、内心はどうなんでしょうか。
さすがにこの年頃となると父兄と一緒とは参らぬようです。
入学式に桜が咲いているのは珍しく今までの例で言えば散って花びらを踏んで歩く時期なのに、未だちらほらしか咲いてないってんですからしっくりこない。

川沿いの桜

昨日チョット気取って花を愛でるための散策をしてみた。
ウォーキングとはちょっぴり違います。
歩くことが目的ではなく、花の咲きぐあいを見て取ろうという我に似つかぬ行動である。
この時期、花は桜と相場は決まっている。
最寄りの川沿いの桜はいかほどか?
ばらつきのある咲き方でした。
根本の幹周りによる違いとは言い切れない。
ようやっと咲き始めた樹、6〜7分咲きの樹もありどうしてこんなに違いが出るのかしら?
同じ川沿いの土手に植えられているんだから、樹に取って環境の違いは無いに等しいと思うんだが。
植物に詳しいわけではないけれど、種類はソメヨシノだと見て取っている。
枝の張り方はそれぞれ気をつけてみたら違いがあるかも知れないが大きな差はなさそうだし、樹齢は全然判断つかないが太いから咲くのが早いとも言いきれないように見えた。

雨と風でウォーキングをやめて時間もあり、更新でもしようかとパソコンの前に座ったが何を書くかで行き詰まった。
材料が見つからず、外を眺めていて目にしたことを書かざるを得なくなった。
ついでに、昨日のことを付け加え更新とした。
なんとか体裁が付いた感じで、これって手前味噌とでも言うんでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました