時と道連れ変わる楽しみ

富士山にご対面

陽気が締まってきて数日前から、早朝ウォーキングから遠ざかる2時間遅れの出発と変更した。
この時間になると既に朝飯は終えているので、身体が重たい気がしての歩きです。
そんなつまらない言い訳をしながら今朝は期待していました。
富士山にご対面できるかなと。
空は青いし雨上がりの朝だからとウキウキさせながら女房殿は歩いていたね。
7時半過ぎだと言うのにテニスコートは開門されていた。
どうやら中学生が大勢集まって大会が催される様子だ。
そんな事もあって開門時間を早めたのでしょう。
富士山を拝むにはこのテニスコート内のクラブハウス付近が一番良く見える。
当然我々も大会関係者のように振る舞って、クラブハウスへと歩いていって目的を果たした。
これからは富士山を拝む日も多くなることでしょう。

時間変わればメンバーも変わる

この時間になると早朝ウォーキングの仲間には会えません。
犬の散歩には出会うことが増えた気がする。
昨年も出会ったご夫婦と行きに出会いました。
お互い今シーズン初の出会いではあったが、憶えていたから自然と会釈してのご挨拶。
時間が変わればメンバーも変わる、これも面白いと思ったね。
名前を知らずとも、同好のいわば仲間とも言えますからね。
こうして出会うメンバーが変わってくると、あの人とは未だ会ってないとか、こんな話題が自然と出てくる。
ウォーキングで出会う人達と挨拶だけで済まずに立ち話が好きな人もいる。
これって、結構迷惑なんですよね。
女房は捕まって話し込まれて辟易(へきえき)することが多いみたいだ。
私と同行中であれば相手も遠慮してくれます。
しかし、行きは一緒でも帰りはコースを変えて別々に帰ることが我々は多い。
そんな時に捕まって相手をさせられるらしい。
所変われば品変わる
時間で変わる様子を、上のいわれの変化系のつもりでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました