家紋

お盆

正確な数値ではないが、ここんところ梅雨明けの宣言すらないのに猛暑日のような気温ですし、夜も熱帯夜が続いています。
今日は7月15日で、お盆の中日ですね。
東京あたりは新盆でご先祖様の供養をなさるようです。
私んところは地域全体で取り組むようなお盆の行事は目立ちませんよ。
恒例の盆踊りも毎年一定の日ではなく、地域の役員さん達が土日を生かした日程を組んでいるようだ。
この歳になればそんな行事にも興味がなくなってます。
昔から何がなんでもこの日と定めて実行しているような地域とは雲泥の差ですよね。

我が家の紋

さてお盆となれば墓参りと相場は決まっているんですが、こんな陽気では涼しくなるお彼岸まで先延ばししようかと思ってます。
お墓と言えば家紋付きが多いですよね。
我が家は揚げ羽蝶ですが、絵に書いてみてくれと言われてもしょっちゅう見ているわけでもありませんので薄ぼんやりとしたイメージしか浮かびません。
この家紋は届け出や登録の義務もありませんものね。
面倒な図柄の家紋より簡単な模様に変更できるんでしょうか。
実行する気もありませんけどね。
やるとなったらまず墓石を掘り直さなければなりませんよね。
私の和服には付いていませんが、女房の紋付きは我が家の紋が入ってますのでめったに着ないとは言えそれも直さなければなりませんものね。

家柄

由緒ある家柄でも血統でもありませんから、私の子供らにしっかり受け継げなんてことも言うつもりはありません。
先祖を敬い行事をおろそかにしない旧家の出身でもありませんし、教えを受け強制されたということもありません。
親、特にオフクロは割合こんな行事を大切にする方だったから草葉の陰で嘆いているかも知れませんね。
そもそも次男坊の私が親から譲り受けた墓のお守りをしなければならないのも理不尽ですよね。
我が家の墓は市営の墓地を使わせてもらってます。
20年以上前の話ではありますが、使用者変更を役所に申出でた時「なぜ長男が引き継がないのか」と聞かれた上、長男に許可を受けた旨証明しろみたいなことまで言われたんですよ。
元々親父もオフクロもここの出身ではありませんから、法要だとかうるさく言って来るような親戚もいません。
面倒なことに気を使わずに済むので、極楽とんぼみたいに過ごしています。

目先のことしか考えてないから
あとは野となれ山となれ だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました