軽んじられても受け流す

テレビに刺激された題

まがりなりにも・・・との発言を聞いていて、これって使ってみたいなと思った。
私のブログにはピッタリ合いそうな言葉でしょ、不完全ながらやっています、みたいなことですよね。
そこで使えるかどうか試しにブログの題材として取り上げることにしました。

まがりなりにも

ブログの存在は私にとってもまがりなりにも感想を言える場所を得たようだ。
期待できるものは何だろう?深く考えもせずに始めてしまった。
他人に対する影響力を与えることは難しい。
自分を見つめ直すきっかけとなったら儲けもの→これって格好良すぎるよね。
問題は言葉が貧困だから思いを表現出来ていない。
これにはいくつかの原因を思いつく。
まず第一に文章の組み立て方?がお粗末なんでしょう。
もし、同じ単語を使っても意図することが表現出来ない。
二つ目は単語そのものが思い出せずに違った単語を使わざるを得なくなって意味がわからなくなる。
三つ目、これが一番肝心だと思うが知識が乏しすぎる。
よって話題に詰まって投稿の回数すら維持できない。
まだまだありそうだがバカさ加減を披瀝するのはあまりにも情けないからここまでにしましょう。

実施の結果

私が投稿している内容は不完全、つまり、まがりなりにも辻褄合わせで発信しているだけだ。
その証拠に読みに来て下さる方々の少なさで証明できる。
来訪者のカウンターを表示しているサイトも多く有りますが、恥ずかしいから表示しないで自身こっそり覗いてこんなもんだと納得してます。
カウンターの分析なんてしたことがありません。
もっぱら今週は何人お見えになりましたか?とチェックするだけだった。
こんな題を選んだので見直してみた。
2015年10月から始めています。
合計の来訪者数:13,248人(8月18日まで)
月間の来訪者数:300〜400人(計算したわけではありません。ざーっと見渡してザックリで)
最小月89人、最大月650人
本人も驚きは2016/11/29投稿の電報配達車が120人で且つ今以ってお読み下さる方がいらっしゃることだ。
この分析結果から言えることは魅力のないブログと言える。

糠に釘(ぬかにくぎ)
つまり効き目もなく、手応えもないサイト→お呼びでないと軽んじられている。
柳に風
と受け流すのも手かな

コメント

タイトルとURLをコピーしました