お酒大好き

昨晩は久しぶりに燗酒にありついた。
そのせいかどうか今朝冠雪した富士山を拝むことができた。
ニュースによれば昨日富士に雪が降り積もったという。
ラッキーだったね。
これも日本酒のお陰かもね。
この酒8月17日以来だったから、期待して飲んだんだけど物足りなさだけだった。
この間ビール1缶だけで過ごしてきたんだから己を褒めてやっても良い。

今朝の新聞によればアルコール依存症の記事があった。
試すまでもなくスクーリングの私の結果は要注意でしたね。
飲む頻度の項目で引っかかった、なにせ自慢じゃ無いが毎日欠かさず飲んでいるんだから依存症要注意と判定されてもやむを得ない。
でも、8月16日迄の量から比べればお褒めにあずかっても間違いではないでしょう。
ビール1本と酒1〜2合を呑んでいたんだからね。
どうして減酒したかと言えば大腸癌予後検査でドクターストップ されたから。
言いつけを守った結果、減酒になってしまったのだ。

アルコール依存症は大量に酒を飲み自分をコントロールできなくなってしまうことを指す。
この病、本人は否定するのが一般的な呑助の感覚らしい(私のことか)
ちなみに記事から抜粋しますと、純アルコール量の算出方法は(量ml×度数%/100×比重0.8=純アルコール量Xg)で算出されるんだそうだが、例としてビール500mlは20g、日本酒180mlでは21.6g、ワイン120mlで11.5gと書かれておりました。
なんで純アルコール量を算出するのか?
依存症投薬治療の判断基準として使われているようだ。

私の酒量はドクターが出した許容値をいつまで守れるかが、今後の健康を維持させる決め手となる。
意志薄弱な私だから守れるか、それとも魔が差し誘惑に負けてしまうのか。
ダメなやつだと、後ろ指指されるのがオチかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました