薬の為か体調か

年末対策で薬の確保

昨日常用の薬が底を突きそうになったし、年末年始で病院も休みになるでしょうからその前に手当をしておこうと思った次第。
久しぶりに泌尿器科へ行ってきた。
頻尿の薬が欲しい。
半年前までかかっていた病院ですが世話になった医者は非常勤として週に1度しか診てないそうだ。
意識してその先生を避けて常勤の先生が診察する日と見定めて行ってきた。
驚くほどのことではないが常勤の先生は女性だった。
そのせいかどうか分からないが患者の男女比が7:3程度だと見て取れた。
膀胱がんから始まって6年ほどここの泌尿器科にお世話になっていたが、その間待合席では男女比9:1ぐらいだったように思います。
しかし、泌尿器科の診察時間は他の科と比較すると短かいような気がします。
微妙な箇所だし、症状的にも大きく変わることがないからなのかも知れませんね。
今回私の場合は、診察間隔が空きすぎた理由を聞かれたり、その後の状況確認とかで時間は長めだった。
とにかく薬が欲しいから(麻薬中毒ではありません)素直に先生の指摘や質問に答えて手に入れることができました。
次回3ヶ月後に尿検査を実施するとの宣告でした。
受診サイクルが前と同じだったのはラッキーでした。

薬効

調合された薬の量は朝晩各1錠分でした。
それまで朝1錠で済ませていましたがこのところの冷え込みでトイレが近くなったけれど昨晩から朝晩服用でき助かります。
効果テキメンだったかな?
昨晩は1回も起きませんでした。
朝の放尿もしっかりしてました。
薬のせいか、体調が良かったのか、たった1日では計れませんが大いに気を良くしてます。
半年間朝1錠で済ませてましたのでその倍を取った効果だったらうれしいがどうでしょかね。
もし、効果倍増だったら今後も夏場は1錠で済ませ、陽気が涼しくなったら2錠に増やしたいな。
お医者さんも患者さんごとの体調を把握しているようでも、個人差までキッチリとは掴めないでしょうね。
でも医者は「俺の言うとおりにしろ」と患者の要求を容れないこともあるようだ。
各人格様
十人十色

だってことを認識してよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました