ノンベーの言い訳

この字に反応するのはどうしてだろう、それは酒をこよなく愛しているからさ。
新聞の見出しは「お酒のない人生は損なのか?」です。
いいえの方が多かったことにまず驚きだ。
このいいえと答えた方は晩酌なんかやらない方なんじゃ?
私も「酒がなければ損だー」と大声で叫ぶわけにはいかないが、飲めないとなると事の重大性を認識せざるを得ない。
酒だけが生きがいだとまで言いませんが、それに近い存在でしょう。
決してアル中ではないと自信を持って言えますが、いつもの手順で食事も進めたいしそれが当たり前の生活だから。
アル中でないことの証明は昼間は呑みません。
晩酌も定量を定めそれ以上追加はしません。

酔っぱらい

問題は外で飲んだときですね。
多いに羽目をはずして、鬼の居ぬ間の洗濯を決め込んでいるんではないが量は進みますね。
飲みすぎて失敗したことは10本の指では間に合わないほどだったろうし、本人は失敗と思っていないことも多いに違いない。
「記憶にございません」とはしょっちゅう言い訳してます。
これはそもそも記憶していないだと何かで読んだ気がします。
忘れたんではなく憶える気もなくその場限りの応対だったんでしょう。
調子合わせてワイワイやるのもノンベーだからできることで、周りの人も大目にみてしょうがねーなーで済んでましたね。
ストレス解消のためだけで飲んでいるわけではありません。
コミニケーションを図りつつ仕事や難問をスムースに解決したりしたもんです。
接待に酒が入らないことはない事実が物語っています。
真っ当なやり方ではないと横槍が入るかも知れませんが、一つのやり方として存在していると信じてます。
酒に酔って気弱な者でも気が大きくなって大言壮語することも少なくないかな。
酒で他人や家族に迷惑を掛けるようではノンベーの風上にもおけません。
なーんて偉そうな発言して良いんだろうか?
この発言は取り消しておいたほうが無難かも知れません。
酒にまつわる言い伝えは多いが
酒の上
と平謝りだけはしたくない

コメント

タイトルとURLをコピーしました