健康な人がうらやましい

最近つくづく思うことに我が身はおとろえたなー、と感じる。
足腰が痛くて動作が緩慢にならざるを得ない。
朝のウォーキング前かがみで歩くことが当たり前の姿勢となっている。
背筋を伸ばすと腰が痛いし、しゃがみ込むのはつらい。
前かがみで歩くほうが少しいい感じ、痛みが薄れるような感じです。
3キロぐらい歩けばやや楽になる。
でも4~5キロ程度でも疲れを憶えるんだ。

数年前は10キロを往復してもヘイチャラだったんだよ。
どうしてこうなった。
酒も飲みに外へ出かけることはほとんど無くなった。
タバコも酒を飲んでいる席で、おねだりしてもらって吸う程度で休止中の状態だ。
思い当たる悪いことは全然無いと言える。
70才半ばだからと言って、歳のせいにするには未だ早いでしょうに。

ジョギングでさっそうと走っている人、ウォーキングでもタオルが必要な速さで歩く人。
(うらや)ましいぜ、羨望(せんぼう)の眼で見ているだけさ。
俺だって足腰さえまともだったら、追いつけ追い越せと頑張れるかも。

読み物を読んでも、情け無いことに読んでゆくそばから忘れてしまう。
元に帰らなくちゃ、となる。
今書こうとしていた単語を、キーボードで1行打っていただけで忘れちゃう。
今朝布団のなかで記憶力テストとして、町内会の我が班の名字を言ってみた。
結果は11軒中の3軒が思いつかなかった。
数ヶ月前にはきっちりと言えたんだけど、今回ダメだったのは脳の問題でしょう。
物忘れと言うより記憶力が細く弱くなっちゃたんですよね。

どこかに異常があれば情けなさが募り(つのり)、自分を卑下する気分が強くなる。
歩く姿に目をやれば格好良い人、背筋をピンと伸ばしている人、自分に似てうつむいて歩く姿の人もいる。
私だけが人より劣っているんじゃないと、気張って過ごそう。
しかし、体力が無ければ立ち直れないかな。
痛むんだったら痛いと泣けば、いい年してそんなザマか、ってね。

弱虫毛虫挟んで捨てろ と囃し立てられるよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました