元号の単語登録

以下の手順は私の心覚えとしての記録ですから、予めお断りします。
令和という文字の漢字変換面倒です。
れいを令に変換して和を追加変換するという手順です。
手順が2回になるのが気に食わない。
スマホとかでも単語の追加変更された方もいらっしゃるでしょうね。
私が使っているのはLinuxで多くの皆さまがご使用になっているWindowsとは異なる手順だと思いますので参考になりません。
画面最上部に表示されるタイトルバーと言うんでしょうか、ここに表記されているキーボードを日本語の「あ」表示に切り替える。
この日本語(Mozc)モードから「ツール」をクリックして「単語登録」を選択して登録しておいた。
私自身は元号を使うことは稀だと思うが登録しておけば便利になりますよね。

この元号は和暦ですが、経過年数をカウントする時は結構面倒です。
西暦の方が引き算一発で分かるので便利に使ってます。
使用中の卓上カレンダーも西暦表示で且つ月の表示も英語表記。
5月だからMayですが、旧暦で表示すれば皐月でしょうか。
睦月、如月、弥生、卯月、と続けられ皐月に至った時です。
この他に大安、仏滅、友引とカレンダーに表記されているケースもあります。
日付けの他にこんな六曜と言われる記載が有りますが、これによって行動を起こしたり、止めたりすることありますか。
結婚式は大安だったらお日柄も良くと、気持ちよくお招きされたりします。
葬儀は友引だけは避けられる。
大安等はそれほど縁起は担がれないような気がしてますが、葬儀だけは今でも縁起を担いでいますね。

自作のカレンダーだったら、誕生日を表示したりするんでしょうか。
日付欄に余白が大きいと使い勝手がよくなりませんか。
私ごとで言えば、病院に行く日とか、予定が入ると忘れ防止のために記入します。
カレンダーも部屋の飾りも兼ねての想定で作られています。
絵だったり、書だったりしますが好みの問題ですね。

単語の登録から暦の話では相関なさそうなのに、無理矢理こじつけた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました