変わらない日常

センスが必要

書く材料無いかなー。
これはセンスが無いからだ。
ブログを毎日のように更新している方は、センスが私とは違っているんでしょう。
物事の捉え方とか見方に、センスの違いが出てきていると思われる。
センスって簡単に言っちゃったけど、日本語で言えば感性とか才能と解釈すれば良いのかな?
作る、書く、演ずる、描くと、どんな場面にも発揮しそうな言葉だし、こいつを持った人は皆から「いいね」をもらえるんだろう。
単語や文句が出てこないのは本を読まなくなったせいか?
そうでは無いだろう、元々の力不足から出ているのかもね。
読書の秋?立冬過ぎたかな?どっちでもいいけど読書の季節なのに、読むのが面倒になってきたんだ。
文字と目のピントが、合いにくくなったからかも知れないと感じている。
作るんでも書くんでも創作できるということは、事例を多く知っていればそこから工夫し創意を発揮できるんだと思う。

ウォーキング

いつもの公園の桜の木も俺の頭のように坊主になってきたよね。
紅葉の見頃とテレビで言ってたけど、今年もパスかな。
こんなんだからブログの材料が出ないんだ。
早朝といっても小1時間は遅くしたが日の出は未だ。
今日も曇り空、こんな日は明るくなるのが遅いんだ。
暗いと涼気が気になるよ、早足で歩いて身体を温めないとね。
車のヘッドライトが眩しいさ。
この時間になると量が多くなってくる。
信号無視もできませんよ。
見かけるメンバーも変わってくるのも時間が遅くなったせいだ。
春に良く会っていたメンバーと挨拶する。
彼は時間の変更はしてないのかな?
夏頃腹も引っ込み気味だったのが、この頃また元の張りのある腹となってきた。
油断も隙もありゃしない
これって自己責任なんだけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました