更新遅れの言い訳

1周間ぶり

何となく過ごしてしまって更新が滞ってしまいました。
昨日まで旧鳥小屋の扉の作成で手間取ってしまい、パソコンに向かう気力がなかった次第です。
旧鳥小屋とは30年ぐらい前にインコを飼っていた時期がありました。
飼い始めた当初は針金で作られた鳥カゴで飼っていましたが近所の方が引っ越しをする時、邪魔だからこの小屋を引き取ってもらえないかと相談されインコの飼育小屋として譲り受けたと言う代物で、高さ1.4メートル幅90センチ奥行き60センチでアルミ製の立派な小屋でした。
小屋は上下2段に仕切られていて前の持ち主も小鳥を飼って楽しんでいた物です。
そんな丈夫で見栄えも悪くない小屋を引き取って数年は我が家のインコ小屋として活用されていたが、私の不注意で扉を開けたままにしたためインコは全て逃げ出してしまい、それをきっかけに小鳥を飼うことを止めてしまった。
簡単に壊れそうな小屋ではなかったので周りを金網からアクリル板に変えて温室へと変身させました。
永年の使用によって下段の前扉の枠が腐ってしまい、開け閉めに不自由となったため枠を本体と同じアルミに変える作業を開始したわけです。
木枠からアルミ枠に変更するだけだからさほど手間はかからないだろうと踏んで取り掛かったんだが大変な思惑違いでした。

廃物利用

枠となったのは以前我が家の外壁リフォームで使われなくなった窓のアルミ格子です。
枠の中側の板は今まで使っていたアクリル板で賄うことにしました。
思った以上に四角の直角度を出すのに苦労しました。
アルミ板を寸法に切って縦横を接合させるのは、ブラケットってやつで止める算段だったがドリルがすべって目指した位置からチョットずれた所に穴明けされたりして往生しました。
それに部品となる蝶番が見当たらなくなったり、工具を探すことも多くまるっきり作業が捗らず、私は膝が痛むし加えて腰が痛くなるはで四苦八苦でした。
なんとかこぎつけて取り付け出来たのは4日目です。
たった2枚の約50センチ四方の扉取り付けでこんなに掛かるとは自分でもあきれてしまった。
日曜大工めいたことが好きだからなんとかやり通したが本当に疲れました。
下手の横好きと言うんでしょうね。
tobira1:アクリル板の幅が短いため補充用のために立てた
2:ブラケット
3:止め金

コメント

タイトルとURLをコピーしました