期待されていたメモ

意味不明なメモ

早寝早起きが信条って訳でもないが晩酌すれば眠くなる。
早く寝付けば当然だが目覚めも早い。さらに一言付け足せば、夜中にトイレに行くのも1回か2回あるし。
「お前は寝させてやらないよ」と、神様がおっしゃっているようなもんだ。
こんな毎日を過ごしているから、暇つぶし用に枕元にはナンプレの問題集とメモ帳がおいてある。
寒い時期だとフトンから手を出すのも嫌だが、今頃は腕まで出しても寒くない。
だからって訳でもないが思いつきをメモ書きすることも有る。
そのメモ帳に残されていたフレーズ。
思いついて書いたものか、テレビでも見て感じ取ったものか、小説の1節か。
何時書いたものかは不明。(メモ書き部分は行頭に「・」マークしました)
 ・稼いで喰って出会いがあるから別れがある
 この意味不明なフレーズは何だったんだろう。
 その次の行には上のフレーズをもじったんだと思われる言葉で
 ・獲って喰って何かが生まれ何かが死ぬ、そこでしか生きられない生き物たち
 ・「やった!」そう言って子供のように笑った。
メモ帳に書くのはおおよそブログ更新のネタにすることが多いんだ。
意味不明なメモを放置しっぱなしにしといて、忘れた頃に見直しても意味と言うか、何に使おうとしたのか分からん。

当て外れ

期待してやっても当てが外れることもあります。
それでも、何度も挑んで思惑通りとまで行かなくても最小限の成果を得ることもある。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって言いますね。
このメモもそんな類だと思います。
このブログサイトに来てれた人に読んで欲しい言葉として書きつけたんだと思うんだけどね。
歌舞伎だったら大向うにうけると言うでしょう。
芝居に詳しい人に納得してもらえることを指すんですよね。
そんなファンから声援をもらえたら、役者さん達もやりがいを感じないはずがない。
これらのメモは、いろんな言葉やいわれについて詳しい人だったら「そうだそれだ」って、うけてくれそうだと思って残したんだしょう。
そんなことを狙ってのメモだったと思うんだ。
得られるかどうか分からないのに期待するバカなやつ
獲らぬタヌキの皮算用

コメント

タイトルとURLをコピーしました