思いかけず花火見物

賑やかな花火の音

昨晩はにぎやかな音でした。
我が家から直線で1キロぐらいでしょうか、そこには周囲4〜5百メートルほどの池があって、毎年この日に花火の打ち上げがされます。
私らがこの地に越してきた頃はやっていませんでした。
始まったのはいつ頃だったかなー?
30年にはなっていないんじゃなかろうか、記憶は定かではありませんけどね。
近年すっかり定着した感があります。
我が家からは打ち上げ花火の最上部の丸い円の下が少し欠ける程度まで見ることが出来ます。
音はかなりのもんで、テレビは窓を閉め切ってないと聞こえにくい。
パっと花が開いて1〜2秒後にバンとかバチバチなんて音がします。
花火大会が開かれた頃に1度だけ近くまで行って見たことが有りました。
打ち上げとナイヤガラの滝と称した仕掛け花火もゆっくり見物できました。
最近は人出も多くなったようだし、道路の混雑も田舎にしては渋滞甚だしいと聞きます。
1時間ほどで終了したようです。
何発打ち上げたか知りませんが1回あたり10回ぐらいの爆発音がして、その後1分ぐらいの静寂があってから、同じような光と音がしてました。

余録

花火も色がきれいになりましたね。
赤とか太陽のような色は前から有りましたが、昨日の花火では緑色なんかも混ぜられて進化というのか技の工夫とでも言いましょうか実にきれいな色を出していましたね。
まーるい形で花びらのようなものが何重にも出ているさまは見とれてしまいます。
形も単純では無かった。
全景が見られなくても時たま違った絵を見せてくれたので、へーっと思いましたね。
自宅でノンビリ、混雑にも蚊のうるささにも閉口せずに済んだんだから良しとしましょう。
蚊の話ですが今年は風が強めに吹いていたから、会場付近で見物していても刺されずに済んだでしょね。
思わぬ題材が飛び込んで来たのに、これをブログに取り上げる気は毛頭なかったので写真も取りませんでした。
音と引き換えにもらった花火、近くに住んだ者の余録でしょう。
棚からぼたもち

コメント

タイトルとURLをコピーしました