つかぬ間の喜び

魔法じゃーなかった

前回膝の痛みが軽くなったでお話しましたが、その効き目は2日しか保ちませんでした。
今朝起きる前に布団の中で膝がキリキリ痛むのを感じ目を覚ましてしまった。
昨日はウォーキングの他にプリンターのインク買い出しに歩いて行ったからかな?
合わせれば9キロ近く歩いたことになります。
この程度の距離をこなすのは珍しくないので、歩いたのが原因とは考えにくい。
あの体操は魔法ではなかったってことだ。
今朝のウォーキング、足の屈伸をした際膝に痛みがあったので無理せず休もうかと思ったが、これも対策の一つと考え直した。
膝に筋肉を付ける足の親指反らしのリハビリを、10秒×10回を日に3回ほどやってはいた。
全然効果が無いとは考えていない。
わずか2日間といえど痛みが軽くなったのは確かなんだから。
考えれば運動を2〜3日程度やっただけで筋肉が付くはずがないよね。
事をせいては仕損じるって言いますものね、気長にチャレンジしましょ。
薬の助けを借りて痛みをやわらげながら過ごせば良いだけだ。

どれから来ているのか

脊柱管狭窄症に加えて膝痛とはついてない。
もしかしたら膝も脊柱管から来ているのかも知れない。
素人目の見方に過ぎませんけどね。
この対策には大股歩きも効果有ると本に書いてあったので、心がけて歩幅を広く取るようにはしていた。
どっこい、こいつは自分勝手な独り決め、それとも早とちりだった。
実は自分では大股のつもりだったが、歩幅はあまり広くなっていなかったということ。
歩道に敷き詰められた敷石を目安に歩いてみたら、今までの歩幅がいい加減であったかが分かった。
背筋を伸ばし歩幅を広げて歩くことが無意識のうちにできるようになったら、もしかしたら治るかも。
これも早とちりでしかないかな。
おっちょこちょいとか、そそっかしいという類。
間抜けな男でしょ
追伸
弊ブログはワードプレスというソフトを使用してますが、今回のバージョンアップで大きく変わったことを今日知りました。
使いこなせるか自信がありません。
お勉強の時間が必要となりました。よって、暫く休みとなりそうです。
早めに脱皮できるようガンバッテみます

コメント

タイトルとURLをコピーしました