花の季節

今庭園でも、道路の脇の植栽でも花が咲き乱れきれいな季節ですが、これもウォーキングの効果とも言えます。
歩いていなければこの様子を見ることができませんからね。

ボタン

大きくて色も赤系統が多そうだが白もある。 今が見頃?、いやいや盛りは過ぎてしまったかも知れません。 花びらは自分が知っている限りは八重ですが、一重もあるそうです。 私ら夫婦の恒例のボタンを鑑賞先はお寺さん。 毎年ここに来ますがややもすると時期は遅すぎる嫌いがあっった。 今年は春の訪れが早かったようだから遅いかなと心配しながら出かけた。 なんとか間に合った。 ツボミはほとんどなく、すべて咲きそろったという感じだ。

美人の形容

この時期このボタンに似た花として芍薬とかツツジ、シャクナゲもこの頃に咲き誇る。 植物学を述べるつもりはありません。 何科の植物でその特徴はなーんて話は勉強してませんから分りません。 ただ、ボタンといえば映画にもあった唐獅子牡丹なんて題名を思い出しますし、 立てば芍薬、座ればボタン、歩く姿ははゆリの花 ご存知美人を形容している言葉 でも、このいわれおかしいと感じませんか。 その理由は ボタンと芍薬だったらボタンのほうが丈は高い。 芍薬(しゃくやく)は草花、ボタンは木でしょう。 どうしてこうなったんでしょうね。 調べた結果を書けば、 ボタンは丈が低く葉を座蒲団として座っているように見えたからと解説するサイトがありました。 人が夫々の花を見た風情を現しているんでしょうに何としても解せません。 もう少し検索してみました。 こんな説にたどりつきました 教えてgoo 芍薬は立った状態で見るのが一番きれいで、 牡丹は座った状態で見るのが一番、 そして、百合は歩きながら見るのが一番きれいという説 芍薬と牡丹の違いは、芍薬は枝分かれせずにまっすぐに立つのに対し、牡丹は枝分かれしやすく横張りの樹形になることから。 だから「立てば芍薬」で「座れば牡丹」らしいですという説もあるようだ。 さらに北海道立衛生研究所薬草園 林 隆章さんの解説 生薬として牡丹、百合、芍薬 詳しくは上記サイトをご覧ください。 簡単に言えば、 立てば芍薬:イラ立っている人には芍薬を 座れば牡丹:お腹に血が滞っている人にはボタン 歩く姿は百合の花:なよなよ歩くのは心身症の疑いあり、この症状にはユリの根が効く と、生薬から来ている言われだとか 一つの言われでも諸説あるもんですね 三者三様 とか 十人十色 なんていわれもありますがどの説を信じますか 

コメント

タイトルとURLをコピーしました