暇つぶし

公園で花見

昨日思いつきで足を伸ばしてみた。
この公園まで来ることはほとんどど無かったが、今回近くまで来たついでに覗いてみた。
まー、どちらかと言えば暇つぶしのたぐいですけどね。
陽気も良かったし花曇り程度で日差しも強くなく絶好の花見日和だった。
桜は満開、時間もお昼どきでレジャーシートを敷いておいしそうに食べているグループもいたし、昼寝をむさぼっている人もいた。
なんでこんなに子供が多いのかと不思議に思ったが、毎日、日曜日組の私の暦の感覚が狂っていた。
今は春休みの真っ最中ですものね。
池の岸辺から何やら投げ込んでいる人物がいて、その周りにはハトやカモが押しかけている様子が見て取れた。
それを見た子供が「えさをやったらいけないだよね」と保護者らしき大人に話しかけていた。
野生の鳥に餌付けするのはダメとはどこからきているんだろう?
もしかしてノラネコに餌を与えてはいけないという話からきているのかな?

散歩組

歩いて行くとヨチヨチ歩きの子供が小さな犬とニラメッこしているのを見かけた。
その場でしばらく様子を見ていたら、子供は犬に触りたいらしいと思われた。
ママらしき人と、犬の散歩に連れてきたらしいおばさんとは会釈しながらニコニコと様子をみているようだった。
少し離れた場所から見ていた私には話し声までは届かない。
あきらかに犬にちょっかい出したいそぶりと、「このチビ、オレサマになんの用事だ」と言いたげな犬。
双方もじもじしながらも近寄ることはしない。
じれてママらしき人が子供に話しかけていた。
ママ見上げながらいっしょに行こうよとでも言いたげにママの服を掴んでイヌを指差していた。
私が見ていたのはここまで。

気取ってみたい

子どもたちは駆けまわったり、大人はシートに座って話し込んだり、犬も散歩で機嫌よくできたらしい。
写真をお互いに撮り交わしている人もいた。
さすがにウイークデーだから若い人や男性陣の数は少なかったね。
酒を飲み交わすだけが花見じゃないと今日の人々から教えられた気がします。
私の花見は「あー咲いてるね、もうすぐ満開だー」程度で、座ってゆっくり眺めて気分転換を図るような花見が良さそうな気がします。
不調法だからお茶の心得もないし、歌も読めないのが残念かな。
柄にもないことを申し立てました。
しょってらー(方言? 使いますよね?)
自惚れるじゃーねーぞ てね

コメント

タイトルとURLをコピーしました