食べる喜び奪われて

今朝何を食べたか、もちろん憶えています。
味が感じないから食べた気がしないんだ。
これって本人には切実な問題なんです。
先月末にもこの事は少しをしました。

美味しい物を食べたり飲んだりする機会に恵まれている人は、幸せだと思っていますか。
それが出来なかったら不幸ですね。
今の私がそんな状態となってます。
刺激の強い生姜(しょうが)のすりおろしは結構辛いもんです。
でも辛味なんて平気で食べられます、味の感覚が衰えたんでしょうか、いいえ違います。
抗がん剤の副作用らしい。

甘い物を年取ってから好むようになりました。
飴玉をしゃぶること日に数回有るでしょう。
その甘さが物足りないんです。
だからと言って、しゃぶる数を増やしても効果はありません。

腹が減って食事が待ち遠しいという気分はありません。
出てくる料理の不味いこと、女房には申し訳ないから言えません。
味噌汁を一口吸すっても、かすかな変な臭いを感じるのがここんとこの食味だ。
もちろん出来たてで、具も野菜だったり豆腐だったりと特段臭いが無いものなんです。
これって病院で配給されて食べた時と同じ感覚だと気がついた。

もしかしたら大腸を切り取ったからだろうか。
大腸と味覚とは関係ないようにも思えますね。
ヤッパ抗がん剤でしょうね、先生も薬のせいだと、おっしゃていたもの。
薬の服用は半年も続きます。
薬服用終了は多分8月中頃でしょう。
薬止めて元に戻るのか心配だ。
杞憂の単語を思いついた。
心配せずともいいのに心配すると、解説されていた。
取り越し苦労だってさ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました