機が熟すまで

ビックリしたよ

今日もヤマモモを木から取って驚きました。
熟していたせいか1個が潰れてしまった。
手のひらが真っ赤か、一瞬またまた怪我したかと思ったね。
なんとヤマモモから汁が出て来たのが原因だった。
おばけの正体見たり枯れすすき
こんないわれを思い出したしまった。
そう言えばこんなこと聞いたことを思い出した。
子供の頃ヤマモモを取って食べると口の周りだけでなく洋服まで汚してオフクロさんに叱られたと、ウォーキング仲間が言っていたっけ。
これほどとは思いませんでしたね。
鮮血と言ってもおかしくないほどの鮮やかな赤でした。
私はヤマモモの実を食べたのはこの運動公園が最初です。
70の坂を超えてからの経験ですから服を汚すようなことにはなりません。
しかし、今までに少なくても数年はこの実をつまんで食べていたが汁がこんなになるとは、知らぬが仏 かな。

熟れた実

先だっての楽しみなヤマモモの実は、もう少しさきにならないとこれほど熟した実とはなりません。
今日は別な木で経験したことでした。
熟した度合いによって舌で受ける感じが違うのを知ったのも今日の出来事。
ヤマモモは食べると実の表面がザラっとした感じがあるもんだと今まで思い込んでいましたが、今日の実はそのザラっと感が無くトロっとしてた。
木によって熟れた実がこうまで違うもんだろうか。
本命の木の実はここまで熟すのを待っていられるかどうか疑問。
なぜならばこの木を狙っているのは私だけではありません。
同じ穴のむじな的な方がいらっしゃるもんで。
実が熟すのを待つ気持ちって大事だ。
機が熟す
頃合いを図ることができることを願ってウォーキングを楽しみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました