孫来たり

家の中で

昨日孫が遊びにきた、正月以来でチョット間が空いた。
2歳と間もなく6歳の誕生を迎える孫娘だ。
マンションに住んでいるため、走り回ることを止められているようで我が家に来るとわざわざ足踏みをして「これ良いか?」と聞く。
2階への階段が好きで登ったり降りたりするんだが、滑りはしないかと靴下を脱がせ私が付き添っての遊び。
この年頃の子供は考えられないような行動をとるので目が離せない。

公園で

家での遊びに飽きると公園に連れて行けとねだられる。
近くの児童公園に二人を連れて行った。
狭苦しい住宅街の通りでも車は結構通る。
道路の端に寄るよう教えると、上の子は幼稚園でルールを教えられっているんでしょう聞き分けが良いが、下は自分勝手な動きを突然するから危ないよね。
おなじみのすべり台とブランコに砂場だけしかないがこれでも家の中で遊ぶより面白そうにしている。
ブランコで下の子は一人では無理かと思って一緒に乗ってみたが、こちとらも何十年ぶりかのブランコであり、且つ片方の手はブランコの鎖でもう片方は孫を抱きかかえていたんでバランスがとれなくて上手く漕ぎ出せなかった。
それではと孫一人で座らせて押してやったが案ずるより産むが易しだったね。
上の子は鉄棒が得意とは聞いていたが、ブランコの周りの鉄柵で逆上がりを始めたのはビックリ。
上手く回るのは良いんだが、鉄柵の高さでは小さな子どもといえ、回るたびに頭を地面にぶつけそうで見ていられない。
やりたいと駄々をこねたが止めさせた。
鉄棒の有る公園に連れて行けとこれまた無茶を言う。
小学校以外で鉄棒の有る公園なんて知りませんのでなだめすかすのに往生しました。

砂場で遊んだり、公園の中にある身の丈1メートルぐらいのコンクリート作りの大きなカエルは気に入ったようで身軽によじ登って遊んでいました。
それを見ていた下の子は自分も上がりたいとせがみます。
上げても離すわけにもいかず体を掴んでの気配りで疲れます。
「アリはおしりに毒が有る」と逃げ回る様子はやっぱり子供だなと。
しかし、誰から聞いたんでしょうね、毒を持ったアリがいるとはね。
公園内にいるどこでも見かける数ミリのアリだったら問題とならないでしょうが、信じているようだった。

孫の相手は気も使うし、身体はもっとしんどいよ
我が子より孫は可愛い
千の蔵より子は宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました