未練がましい嘆き

我が身体、すぐに異常と判断されるのは正しく言い当てているんだろうか?
例えば、夜中に眠りについてからトイレに駆け込むのは睡眠不足となって健康を害するから薬。
血圧が140超えたら体に障害が出るやもと薬。
足がつるのはこむら返りとも言われるが血行が悪いから起きる現象だから注意しろ。
お通じが不定期で便秘気味だったら内臓に異常があると懸念されるから検査。
急に立ち上がるとめまいが起きる、こんなことで診察は受けられない。

こうしてチョットした異常を大したことでも無いのに大騒ぎ。
私からすればこの症状に馴れて異常だと思わずあきらめちゃう。
異常値とは本人と比較する対象グループの平均値との比較でしょうね。
人間夫々に個性があると言うから、平均値と比較して異常と言われても「ハイそうですか」とはいかないでしょう。
こんな事を言い張っても所詮は犬の遠吠えに過ぎないよね。

困るのは痛みだね。
いつもと同じだと強がってはみたものの、ヤッパ痛いのはツライよネ。
薬に頼らず何もしないよりはと最近ストレッチの真似事やラジオ体操なんかやり出した。
2〜3週間程度では変化はありません。
すこし身体が柔らかくなった気がする。
体を前屈した時、手が膝ぐらいしか届かなかったのが足首まで曲がるようになった。
こんな程度だが少しづつでも良くなって欲しいと、ストレッチまがいを続けたい。

他人が聞けば往生際が悪いやつとバカにされそうですね。

コメント

  1. trotto より:

    我が身の事をずばり言われているようで思わず苦笑しました。歳を取って身体の僅かの変化にも戦々恐々の毎日で、自分でもその気の弱さに情けなく思っていまし。いつからこんなネガティブ思考になってしまったのだろうかと嘆いています。

    • お猪口 より:

      trottoさんコメントありがとうございました。
      こんな体にどうしてこんなになっちゃたんだろう?
      決して長寿を望んでいるわけでもないけれど、穏やかにそして嫌われずに過ごしたいもんですね。
      trottoさん、大事に至らないようにと祈ってます。

タイトルとURLをコピーしました