幸せってどんな事

今朝のウォーキングの時、たまに出会うバーサンに声かけられた。
「いつ見てもお幸せそうですね」だってさ。
夫婦でウォーキングしているからって幸せとは限りませんよね。
この幸せという言葉の意味と言うか定義って何だろうと思いながら歩いていた。

幸せとは、なーんて事考えたことも無かったし、たまたま言われて我々夫婦は幸せかと考えてみたが、良く分からない。
派手な喧嘩はしたことありません。
若い頃多分40代だったと思うが、夫婦なんてもんはお互いガマンしなけりゃ続かない、みたいな会話があった事を思い出した。
どこの夫婦でも多分同じようにガマンを強いられていることでしょう。

幸せって達成感かな、俺らは恵まれているて感じかな、要は他人と比較して苛立つような思いが少なければ、それが幸福論に繋がるんだろうか。
平凡だから幸せなのか、特に他と比較して大きな差がないことの意味なんだろうか。
気が滅入ることが少なけりゃ幸せってことかな。
災いに遭遇したらこれは不幸な出来事なんだろうか。

いくら考えても解答にはたどり着かないよな気がします。
俺は学者じゃないし、定義なんて言葉を最初に使ったからこんな羽目になるんだよね。
誰からもうらやまれる人とはどんな人物なんだろう。
首相や大統領になった人か?
昔から言われるのは、末は博士か大臣かって言われたようです。
でも今では尊敬されるとは限りません。
尊敬される人は、周りが羨むけれど幸せとは限らないような気がしてます。
平凡がもしかしたら1番かもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました