チョッピリ愉快な気分だった

乗り合いバス

ショッピングセンターで買い物をした後、帰る段階で駐車場のそばのバス停で待っている人3人ほどいた。
我々は元々散歩がてら来たので歩きだ。
女房殿が「バス停で待っている人がいるからもうすぐ来るんじゃない。私達もバスに乗ろう」と言い出した。
私も少しばっかし、かったるい状態だったので同意した。

このバスはJR駅とこのショッピングモール間をつないでいる無料の送迎バスだ。
以前数年前に乗ったことがあったが、ここへはもっぱら自転車で来ることが多いので、バスはほとんど利用していなかった。

乗ってみて感じたのは乗客の数だ。
予想より多い客でそこそこ乗ってましたよ。
平日の昼過ぎの時間だからがらがらかと思っていた。

バスは二人がけシートが2列で6シート並んでいた。
加えて一人がけは5席、最後部のシートは5人か6人座れると思う。
席はほぼ満席、と言っても二人がけに一人で座っているいて、最後部も3人しか座っていない状態だから満員とは言えません。
立っている人がいなかっただけですけどね。

バスは定められたルートを走る

私らが歩きだったら最短距離を選択できるが、バスは三角形の直角に交わる2辺のルートを走った。
歩いても行ける距離だから遠回りしていてもわずかに7〜8分の乗車時間だ。
バスに乗ったのは何年ぶりだろう。
気恥ずかしい気持ちとわくわくした気分とでチョッピリ楽しめた感じでした。
終点の駅の停留所に着いた。
ここでもバスに乗ろうと並んで待っているお客さん、その数20人近い数のように見えた。
このバス無料だからなのかなー、市街地を走り回っている路線バスより乗車率は圧倒的に高そうだ。
「またのご利用をお待ちしております」のアナウスを尻目に降りました。
やっぱりこの次からは自転車のほうが便利だと再確認できたが、バスに乗ってわくわくした感じを持ったのは久しぶりで楽しい1日でした。
こんな程度のことでも楽しみを味わえてのはラッキーだった。
愉快適悦という言葉に出会いました。愉快で楽しめたという意味ですって。

コメント

タイトルとURLをコピーしました