病院通いは面倒だけど

受診の予約日

本日は内科を予約してあったから面倒だけど行きました。
雨降りで風が強くなったり弱まったりする中を徒歩で30分弱の道のりだ。
こんな日は車が欲しいと、ないものねだりだ。
内科だけだったら待ち時間もなく、すぐ終わるから楽だ。
今日は持病となっていた痛風の薬を止めたいと申し出た。
なぜなら自己責任で薬を減らしてみたら発作も起きなかったから。
前回に申し出た時は、先生何も言わずに了承してくれたが、「今回は薬が余っているならそれを飲んで下さい」「この薬を止めていいかどうかは検査をしてからにしましょう」とやんわりとダメ出しをされてしまった。
結果は痛風の薬は出されないことになったから、私の要求は受け入れらたのだと思いたい。
この先生、病院の診察開始時間の30分前から始めてくれるから待ち時間は殆ど無い。
患者としては大助かりです。
今までは泌尿器科も併せて受診していたが、泌尿器科では検査結果が出るまで1時間以上待たされていた。
今日は会計と薬をもらっても9時に終わった。

私が関心ある他科の様子

泌尿器科を覗いてみたら、患者さんは9時前とは言え数人しかいなかった。
私を診てくれたS先生は如何に多くの患者を相手にしていたかが分かる。
あれほどの数の患者さん相手では、待ち時間が多くなるのもアッタリマエだ。(補足:S先生の診察日は土曜のみ)
ついでにそろそろ診てもらわなければと、気になっているのが整形外科。
わんさかワンサカ患者さんがいました。
これを見れば受診しようとする気持ちが失われるのもやむを得ないでしょ。
整形外科に限らず病院で診て欲しいと来るのは年寄りばかり。
後期高齢者風がふんぞり返って長椅子に腰掛けているのが目立ちます。
特に整形外科は他の科に比べ患者が多いように感じますね。
リハビリもあるので長期間受診しなければならない患者さんも大変だ。
元気で過ごしたいのは山々なれど
寄る年波には勝てぬ

コメント

タイトルとURLをコピーしました