元気が一番

自信あったけど

皆さんは自分の健康についてどのように思ってらっしゃるかしら。 こんな健康法があるよとか、お勧めはこれだとかの話をするんじゃありません。 私が己を評価すれば、馬鹿は風邪引かない、こんな程度だった。 そんな私が3年ほど前にガンだと言われたことはまさに晴天の霹靂(へきれき)だった。 私は身体だけは丈夫だという自信がありましたからショックでしたね。 今は早期発見・早期治療のお陰で99%治っていると思っている。 残りの1%は、いわゆる5年生存率確認作業だと思って受けている半年に1回の検査があるからだ。

過去の経験から生まれた妄想

身体は丈夫とは言っても寄る年波には勝てませんけどね。 一番恐れているのは痴呆です。 だいぶ昔の話となるが、親父が高血圧から脳溢血で倒れ言語障害と身体の麻痺で三途の川を渡ってしまった。 言語障害だけではなく判断力も失われていた。 変な言い方だが、治療手段を見いだせなくなってしまった親父は、あっちこっちの病院を転院させられた。 身体の自由が十分に機能しなくなっても、せめて意志の疎通できる機能だけは残っていて欲しかった。 遺伝かも知れないが、私も親父と同じく高血圧で薬の世話になっているから恐れているんだ。

もしもの想像

身体だけ頑丈で、自分が何をしているのか何の目的で動いているのか判断できずに徘徊する自分を想像するのは寂しすぎる。 今どきはGPS装置で簡単に現在位置を確認できるようだが、たとえ居場所が分かったとしてもどんな方法で迎えに来てもらえばいいんでしょうね。 我が家で私が徘徊したと想定したら、家内は車の運転はできないからタクシーを使かうしか方法がない。 私が徘徊するようになったら施設に放り込め、だ。 多くの人の手を煩わせることになるがしょうがないかな。 費用と時間の無駄使いだ。 転ばぬ先の杖  予防措置としては何をしたら良いのでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました