我がつれあい入院

先生から手術の説明

昨日つれあいは入院しました。
希望したわけではないのに4人部屋はふさがっているとかで個室となりました。
病院側の経営戦略なんでしょうかね。
個室を遊ばせていては収入に問題が発生しそうですものね。
私のような貧乏人はこんなふうに、ひねくれた考え方しかできないんだ。情けないな。

担当の先生から症状と手術の内容について説明を受けた。
症状はモニターに映し出された画像で説明されたが、正常な部分と異常な部分の違いから何とか分かったつもりだ。
手術の方法は全身麻酔で行うことを先生は選択した。
ちなみに麻酔は注射だと思っていたら点滴でやるんだそうだ。
全身麻酔選択の理由は、つれあいがうつ伏せの状態になると痛がることと、内視鏡でヘルニヤ部分を削除するに当たって、一部の骨の間隙が狭まっているのでここを削る必要があるためだとか。
説明を受けた画像はMRIで撮ったものだがいろんな角度からの絵を合成させたものだと話してくれた。
多分合成させるためのアプリケーションソフトはあるんじゃなかろうかと邪推している。
翌日の手術開始は15:00を予定しているとのことだが、遅れる可能性があるらしい。
我がつれあいの前に面倒な手のかかる手術があるためだって。
とにかく先生の説明は分かった部分は半分もないかな。
お任せするほかないですものね。

夕飯

午後の8時近くになってしまった。
最初から一杯やってから帰るつもりで出てきたが、お店のあてがあったわけではない。
赤ちょうちんこそぶら下がっていないがそれなりの雰囲気を感じる店に入ったが、注文しても出てくるのに時間がかかってイライラさせられたのですぐに出た。
これじゃ蛇の生殺しだ。
2軒めを探してウロウロしてたら良さそうな感じがした店に入る。
当たりだったね、カンターと小上がりがあるけど、小さな店でママさん一人で切り盛りしていた。
のんべは客同士で勝手なことを喋りながらついつい飲み過ぎてしまった。
客同士でたわいのない話ができる店はいいですよね。
多分、私以外は常連さんと見受けた。
タバコをおねだりしたり、わがまま言ったりして久しぶりに愉快なひと時を過ごしました。

おかげで今朝は二日酔い的な気分でウォーキングとなった。
シャッキとしないで、いつものコースを一周した
過ぎたるは及ばざるが如し
きょうは手術で院内で待機することを要求されてます。
明日以降に書くことになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました