分相応

コガネムシ

夏になると寄ってくるコガネムシ。
我が家のマキの樹に寄り付き葉を食い漁って(あさって)いるのだ。
これで困るのはフン。樹の下には明らかにそれと分かる状態となっている。
そろそろ薬の散布が必要だ。
 コガネムシは金持ちだ
 金蔵建てた蔵建てた
 飴屋で水飴買ってきた

この童謡歌ったことあるでしょう。
しかし、コガネムシはけちだよね。
蔵建てるほどなのに水飴なめているなんてさ。
作者はどんな意図で作詞したのか知りませんが、愚かな私にこんなふうに解釈されたんじゃ野口雨情さんも嘆いているでしょうか。
それとも作詞した時代では水飴は貴重品だったのかな?甘味料が手に入らなかった時代を私も知ってますけどね。まてよ、それは我が家だけだったのか?

夢見る

つまらぬ詮索をして更新のネタにしようとしているのを恥ずべき行為と自覚しなければならない。
夢が無いよね。童謡の歌詞を揚げ足取るようなまねをしてさ。
歳を取るといらぬ詮索をして嫌われたりバカにされたりすることが多くなりがちだ。
夢見る年頃は、とうの昔に過ぎ去った。
電車の運転手になりたいとか、パンやさんになりたいなーんて言うのは子供の頃だけに許されるものだ。
これは夢と言うには幼すぎます。
もう少し大きくなるとでっかい夢を持つでしょう。
その夢の実現には努力と運が必要だと知らされるのです。
我々の年になると、今更苦労を重ねて届くか届かぬか分からんものに手を出すのに躊躇しますよね。

夢か望みか

夢と希望とは違うと思います。
希望だったら叶うかどうか分からなくても持ってもいいんでしょうね。
それは誰かに託すことによって自分の欲求を満たすことにつながっているんだと思います。
だれに託すかその望み
 子供に自分が出来なかったことを代わりに成し遂げて欲しいと望みます
 この宝くじ神様にお願いして、と託すのか
 乾坤一擲(けんこんいってき)と投げ打って出た勝負の目は・・・とか
 高校野球、次の4番に打ってと願う
私の願いは元気でぼけず、うとまれず毎日晩酌できる生活をと。
分相応に風が吹く
それぞれの暮らしにあった生活を求めてやまずかな

コメント

タイトルとURLをコピーしました