見たこと無い虫

我が目を疑った

カマキリに似てるが見れば分かる、別物だ。
我が家のブロック塀の門柱の上にいたのを見つけた、奇妙な姿、見たこと無いぜ。
下手ですが、写真に撮ったので見てやって下さい。
全長は5センチぐらい、色は見た通り茶色、脚は後ろ足が4対8本、前足はカマキリのように長くて2対ある。
その前にある短いのは手かも知れない、これは1対。
もし、脚だったら合計7対14本。突然変異で脚が多くなっちゃたんだろうか、そんなこと無いよね。
小学校の頃教わった知識で言えば昆虫だったら脚は3対ですよね。
だから昆虫ではないと思うけど、頭、胸部、腹部と明らかに別れていますね。
お尻に1対の角のようなものは何だろう?
ハサミムシにもこんな角みたいなもんがありましたよね、ここの部分は似ているような気がします。
動きはのろーい。アリやタマムシ、ムカデなんかに追いつきそうもないくらいゆっくりと歩きます。
カマキリのような前足には掴みやすいようなギザギザになっているが、プリンの容器に入れたら滑って登れなかった。
素焼きの植木鉢では何度も失敗しながら上がることができたから全然役立たずではない。
背中に恐竜のとげと言うか背びれみたいなものも付けてます。
これが体長2メートル以上だったら立派な恐竜だ。

飼育は無理だ

女房は「気持ち悪いからどこかに持って行って」と言うので不本意ながら放すことにしました。
踏みつけたら簡単にペシャンコになりそうだが、折角写真を撮らせてくれてブログの材料になってくれたんだから放してあげましょう。
どこに放そうか?
近くの公園でもいいかなと思ったが茂みが少ないので、いつもウォーキングでお世話になってる運動公園まで連れて行って放しました。
公園の駐車場へ入る道路の脇に奥行き5メートルほどの植木も多く植えられた場所があります。
ここだったら年に1,2回ほどの草刈り以外には人も入らないだろう。
格好の場所だと決めました。
でも、こんな配慮も無駄になりそうな動き方だ。
放されたらもっと素早く逃げ回らなくてはダメだろうって思ったね。
他の虫や鳥の餌食になっちゃうかもね。
今回は、虫の話だけに無視されそうだ


(見つけたのは1昨日の朝だったけど、写真でちょっとまごついて載せるの遅れた)

コメント

タイトルとURLをコピーしました