酒の上でのこと

こんな読者投稿記事

酔って粗相をした、断酒しようか、という投稿に対するご意見があった。
その方は、粗相したからって大事な友人を失くすのは反対、とのご意見でした。
加えてこんなフレーズ
「お酒は人の心を陽気にしてくれる魔法の飲み物だそうです」
飲み助の私には嬉しいご意見でした。
粗相とは小間物屋を開いたことを指していますが、私にも身に覚えはあります。
でも、ここ2〜30年は小間物屋さんになった記憶はありません。
政治家ではないが「記憶にありません」には、しょっちゅうですけどね。
幸か不幸か外で飲む機会が少なくなって、粗相するチャンスが少なくなったしまった。

魔法をかけたい

しかしこの投稿をされたご婦人の「魔法の飲み物」なる表現はいたく気に入りました。
魔法も人によっては嫌われものになる可能性もあります。
対象がなんであるかによって変わるんでしょうか。
魔法とは信じられない事柄のことでしょう。
不思議なこととも言えそう。
超能力現象かな。
魔法が使えたらとは、子供の頃から夢見たことだった。

酒の力

お酒に魔法的な力があるとは思いつきませんでした。
酒は人格さえ変えるんですよね。
小間物を開くような小さいことではない。
酒の力を借りて成し遂げたこともあったでしょ。
例えば、上司にだって喧嘩腰で談判したり、反対に相手の意見を素直に聞き入れたりすることもあったりするね。
一般的におしゃべりとなることが多い。
このおしゃべりは忖度なんて気を回さずに本音が多くなるでしょ。
普段おとなしそうにしている御仁がご婦人に絡むのを見て「へーっ」と思ったりします。
酒はお互いをハッピーにさせる代物だと信じてます。
笑顔で話しできれば、怒って突っかかって来ても気勢がそがれると言われます。
あれは
酒の上
と言い訳にもならないことで、ごまかさないように気をつけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました