未練が残る

パソコンあきらめられない

そもそもパソコンの寿命はどの程度なんだろうか?
もちろん使い方や設置環境等の条件が変われば寿命に影響するであろうことは素人の私でも分かる。
先月からパソコンが壊れた、ノートパソコンを買ったとか、私が大騒ぎしてこのブログに書きました。
それで壊れたと思い込んだパソコンを未練がましく、あーでもない、こーでもないといじくり回しています。
それで気がついたことがあります。
パソコンにはマザーボードという部品が使われ、そのマザーボードにはリチューム電池がセットされています。
この電池の寿命はどの程度か知りませんが前に交換した記憶が蘇ってきました。
調べるとどんな理由で行われた作業か記憶にありませんでしたがこの電池の交換手順のコピーが残っていました。

再生

手持ちのコピーをめくると「CMOSクリア」と表題がありました。
これは工場出荷状態に戻すことらしい。
ものは試しと電池を買ってきて交換し、手順書通りに作業した結果動き出しました、再生成功。
パソコン起動の最初、画面にボードのメーカーロゴが映し出されるはずですが、その映像が表示されない。
パソコンは起動している動作音は聞こえます。
この音を頼りにロゴが表示されるであろうタイミングでBIOS設定画面を表示させることに成功しました。
ここまで来ればかなりの進歩と思ったものです。
後は手順通りに設定を終えたんですがまた問題です。
OSのwindows7が海賊版と表示されマイクロソフトに認定されません。
でも、どうやらパソコンは死んでなかったようなので、ここで一旦打ち止めして今後の活用方法を検討し直します。
折角動かすことに成功したパソコンですが、認定されないOSを動かすことによってウイルスをばらまくことになっては世の皆様に迷惑をお掛けしかねませんから休止やむなし。
ノートパソコン購入投資は無駄遣いとなりそうですが、新たにwindows10とofficeソフトを購入すれば正確な価格は知りませんがノートパソコン本体の半分ほどの金額は必要になるだろうと慰めることにしました。
急いては事を仕損じる
慌てる乞食はもらいが少ない

コメント

タイトルとURLをコピーしました