見込み違い

裏目に出た

先だってパソコンのメモリ部品をSSDへと付け替えた話をさせていただきました。 この影響でしょうか、ブラウザの表示される文字サイズが一定しません。 ネットに接続するブラウザはFirefoxを使っています。 このFirefoxを起動させる都度表示文字サイズが変わってしまうんです。 良かれとしたメモリー交換の予防措置が裏目となったようだ。

なぜだ

このブラウザは、私のためにか老眼に合うよう大きく表示されることがもっぱらです。 文字サイズが大きすぎるのも見にくいもんですよ。 これを解消させるため検索して解決策を探したが一向にヒットしません。 考えられることはHDDからSSDへの変換ですがこれが影響するとは考えにくい。 もしかしてOSの更新によるバグかなと疑ってみたが、それらしき様子が見受けられない。

年寄りは保守が似合う?

そこでブラウザをGooglechoromeに変えて様子見中です。 Googlでは表示サイズが変わることが今のところ無いようです。 今朝から変えてみただけだから結論は出しにくいが、よさ気な感じです。 使い勝手が変わるのは何かと戸惑いますが慣れていくよりしょうがないか。 人間歳を取ると考えもやることも保守的になると言われます。 オバマさんがチェンジで登る詰めたのは何年前だったでしょう。 チェンジと訴えて成功したオバマさんにあやかって解決するといいですが・・・ 良かれと思って変更したことが裏目に出ることってあります。 もう少し慎重にやったら良かったかな せいては事を仕損じる 急がば廻れ あわてる乞食はもらいが少ない 一方で 鉄は熱いうちにうて 遅きに失する とも古今より言われております。どっちでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました