今季初の富士山

今朝のウォーキング

今朝は少し冷え込んでました。
寒さこらえて歩くのも良いもんだとやせ我慢。
もうちょっと厚手の上着が欲しいと女房に注文付けても「ありません。自分で買ってらっしゃい」とつれない返事。

北風が強く吹き、晴れて青空だが黒い雲もポッカリ浮いている。
この黒雲に遮られさえしなければきっと富士山拝めるよ。
期待通りにいつもの場所から真っ白になったいつもの富士山が見えた。
決して山岳信仰の信者ではありませんが、富士山はいつ見てもきれいなお山だから飽きが来ない。
世界遺産に登録されたのは2〜3年前だったかしら?
富士山の姿はきれいでカッコいいもんね。

私は日本一と言われる富士山には登ったことはありません。
山頂から見るご来光は素晴らしいものなんでしょうね。
山頂を極めた征服感は、体力の消耗とつらさを乗り越えて得られたものであろうことは未経験の私にも想像できそうだ。
信仰もせず登頂にも挑戦しなくてもうっとり見れるだけでいいと思ってます。

富士山が見える場所はこの辺では少ない。
ウォーキング仲間から「あっちに行けば見えるよ」と教わったが、我々の歩いている方向とは違うので拝むチャンスはなかった。
偶然見つけたのがこの場所、このコースは我々にとって格好のウォーキグコースです。
これからは富士山にお目見えする機会はどんどん増えます。
これもウォーキングの楽しみと言えます。

この季節、落ち葉を踏むとガサガサと音がするのが面白い。
子供が喜んで踏んで遊ぶのも分かりますね、私の頭のレベルは幼児並みだった。
もっと寒くなって霜が降り、たまには氷った道を歩く季節が間もなく訪れます。
膝や足の痛みも薬で抑えこまれているからこの冬は越せるだろう。
先行きの見えない年寄りの心配事
取越苦労であればいいですが
杞憂といいますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました