個人番号カード受領

通知があった

マイナンバーの通知を受けたのはいつだったろう? 記憶力減退進行中の身としてはずいぶん昔のように感じます。 昨年末だったかな? その通知書には「個人番号カードを申請したら」、とのお勧めが入ってました。 これは任意ということだったので暫く放置してました。

あると便利かも

ある時、銀行で夫婦でなにかを登録しに行った際、本人であるという確認できるものを提示しろとのことがあった。 私は自動車運転免許証で済ませたが、女房殿は健康保険証で確認してもらった。 厳密に言えば顔写真のない保険証のたぐいでは認定できませんと言われてもこちらとしてはすごすごと引き下がらずを得なかったはずだ。 そこで、この個人カードを作れば証明証となるとの思いで交付申請をしたのが今年の1月だった。 この間、あまりに遅かったのでコールセンターへ問い合わせをしたこともありました。 市役所のホームページも見ました。 いずれも遅れていることがはっきりした。 至急欲しいという代物(しろもの)でもなし放置しておいたが、先週末市役所より取りに来いとの通知を受けた。 この通知で頭にきたのは散々待たせておいて交付を受ける期日が約1ヶ月とあった。 どうしても欲しいというわけではないが、待たせた期間と交付可能期間とのギャップ大きすぎて釈然としなかった。

交付を受けに

市役所の指定場所で待ったいる間、我々同様に交付を受けようとする市民が集まってきた。 そんな中で市民であろうおばさまと役所の担当者とやりとりしているのを小耳に挟んだ。 おばさま曰く(いわく)脱線します。この漢字「日」と間違えそうですが日ではありません。真ん中の横線は右の縦線にくっつかないのが曰くです。この字は現役時代、提出物に誤字の指摘を受けたのだー 家族のと一緒に申請したのに交付受けられる人と未だ交付可の知らせが届いていない者がいるがと詰め寄ると市役所側は一緒の申請でも交付は同時とは限らないと釈明。 おばさま:申請時は同居していたが今は離れてしまった者もいるがその人の扱いはどうなるの? 市の担当者の答えはよく聞こえなかったが、そんなケースの場合は先方で交付を受けろ、みたいな解答だったようでおばさま憤慨してました。散々待たせておいて新たに申請し直しかよ、ってね。 詳細は分からんがなんか役所仕事ってこんなもんでしょうね。 市の担当者の応対は丁寧でしたよ、でもどこか納得できない私がいました。 へそ曲がり と言われるよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました