これではダメ

初めの部分は馬鹿バカしいからこちらへどうぞ

3月3日桃の節句

「3」という数字が重なっています。
おひな祭りをするわけではありませんので「3」なる数字にこだわってみたいと書き出した。
先だって我が家の家電でも書かせてもらいましたが、三種の神器みたいな言葉を探して更新としたい。
三人官女
三人娘 (例えば、美空ひばり 江利チエミ 雪村いづみ)
三羽烏
御三家 (尾張 紀州 水戸)
三人寄れば文殊の知恵
三日坊主
三度目の正直
二度あることは三度ある
早起きは三文の得
これだけの言葉を探し出すのに時間をかけたが、おもしろい話に結び付けられなかった。
更新にこだわってこんな話題をひねくりだしたが無理だった。
この部分を消そうとしたが、なんとか思い出しながら書きだしたんで消すのが惜しくなった。
残すことにします。

話を変えます

だまされたようで気の毒だ

それより、前回の「だまされるな」のその後ですが、女房はテレビのニュースで我が家に来た詐欺のハガキが話題となっていたとほこらしげに?今朝歩きながら話かけてきた。
法務省という言葉にだまされてなんと1千万円取られたおばーさんがいたとか。
自分だって私の検索結果で難を逃れたのを棚に上げて、私は大丈夫ってな顔をしてました。
普通だったら見過ごすような話題でも身に振りかかった話題だから注意して聞いたことでしょう。
でも、訴訟だ差し押さえだとの文言には、身に覚えがないから余計反応するのかも知れません。

リスト回収したい

見解の違いと言えるのか、思い過ごしかな。
私ら年寄りはお上(お殿様=公権力)に弱いかも。
つまりお上からのお達しだったら即信じちゃう傾向にあるのかも知れません。
特に今回のような公機関名を名乗られるとね。
別な面から言えば、年寄りだからいろんな事例を見聞きしているはずなのに、自分が関わってくると冷静な判断ができなくなっちゃうんでしょうか。
新聞テレビで騒がれてだまされるのは年寄りのほうが多いのはなぜだろう。
こんな例も取り上げられていました。
対象となる人のリストはだます側の悪る達にたらい回しで使われているとか。
我が家もリストアップされているんでしょうね。
電話でのだましの誘い、今回ハガキでの誘い。
どこから情報が流れたか探りようもないがこんな誘いは願い下げです。
上で書いた「3」の言葉の二度あることは三度あるだが、
これは良いことが重なるならばラッキーなんですが、大体は悪いことが重ねて起きるから注意せよとの教えじゃないでしょうか。
だますよりだまされる方になれ
随分無責任な言い分ですよね、だます方がつらい思いをし続けるよ、だからだますのは止めましょうと教えているんでしょうが、だまされたら悔しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました