出る幕無し

セミの声が聞こえなくなった。
代わりに虫たちがおいらの季節だと鳴きわめいている。
季節の変わり目だが、先だっての台風がもたらした災害復旧に10日かけても未だ停電・断水が直らない。
地球はこれからも異常な気象で人類を脅かす(おびやかす)んでしょうか。
停電の原因でもある電柱の倒壊はモロさをさらけ出している。
鉄筋だけども破壊されて折れているのをテレビで映し出された。
電柱は強そうに見えたけど見掛け倒しだった。
まるで張り子の虎?のようだね。

地球の温暖化が異常な気象を生んでいると、読んだ記憶がある。
地球の温暖化で、ヨーロッパでは過酷な言葉で最近の天候に注意を呼びかけているとか。
我が国では異常気象で済ませているが、もっと注意喚起し、危機的な状況と言っている国もあるらしい。
気象による温暖化は我々年寄りにとっても、見過ごしできない状況に有る。

温室効果ガスの抑制が必要と叫ばれているのに、企業体の中には石炭を原料とした発電を続けているだけでなく、新規開発を計画している企業もあるようだ。
我が政府は化石燃料に制限を掛けるような事はしないようだ。
原発に依存したいらしいが、福島の災害復旧の目処が経てないばかりか、汚染水の処理をどうするつもりだか見えてこない。
地球がこんな状態なのに、率先して温暖化の二酸化炭酸ガスの削減しようとしない政府にはガッカリだ。
異常気象で発達した猛烈な台風が、上陸する可能性があるだろうに、ね。

これが続けば地球はいずれ滅びかねないと思うのは大袈裟でしょうか。
もし、手をこまねいて手段を講じななければ、人類は絶滅危惧種の振り分けられかねない。
どうしたら良いんでしょう?無能な私では出る幕も無さそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました