こんなの論外だ

思い出せない歌詞

今朝のウォーキング中にふと思い出した歌がある。 童謡で「やぎさんゆうびん」と言う童謡です。作詞:まどみちお (これも検索したから書ける題名なんですけどね)  白やぎさんから おてがみ ついた  黒やぎさんたら よまずに 食べた  しかたがないので お手紙かいた  さっきの 手紙の ごようじ なぁに  黒やぎさんから お手紙 ついた  白やぎさんたら 読まずに 食べた  しかたがないので お手紙かいた  さっきの 手紙の ご用事 なぁに これの続きが気になって同行の連れ合いの話しかけにも上の空だった。 それで検索してみたらこれは ①この1,2番で終わる ②この2つのフレーズの繰り返しである つまり私が気にしていた3番は無いんだということが分かりました。

結末はどうなった

こんなことに気に病むとはバカバカしいと我ながら思います。 しかし、どうなるんだろうとか、結末が分からないと尻がむず痒い(かゆい)ような居心地の悪さを感じませんか? 他にもこのように結論が出ない曲があるのかなーと、 「童謡 無限の繰り返し」をキーワードで検索してみました。 童謡の歌詞の一覧は出ますが結末が予想できないような歌には行き当たりませんでした。 こんな歌をみつけました、「お腹がへるうた」は一見似通っているけどやっぱり違う。作詞:阪田寛夫 どうして おなかが へるのかな・・・・ たいていの歌詞は短いながらも筋の通った話となっていることが多いと思っていました。 こんなことから今日の話の展開をしたかったんですが、結論を導き出さそうにありません。 結論を歌い手や聞き手に委(ゆだ)ねた歌を私ごときが予測するには重すぎます。

気になっていたんだ

さらに検索の結果を加えるならば、これは私にとって芳(かんば)しくないサイトに行き当たりました。 プログラミング言語でwhile文というのがありますが、条件が整えば繰り返し実行しなさいという命令文で、私が使わせてもらっているWordPressなるアプリケーションにも多く使われているはずです。 使われているとは私自身は理解できていないからこんな表現となりました。 これは私自身気にしていた課題でもありましたのでついつい書き足しました。 考えても意味ないこと 下手の考え休むに似たり 考えてもいい結論が出せないなら考えずに休め 下手の考え休むに如(し)かず

コメント

タイトルとURLをコピーしました