十人十色

携帯電話解約

6年前に使用を始めた携帯電話、通称ガラケイが更新月となったため解約した。
この間電話を使ったのは1回だけ。
その時、電話の掛け方が分からなくて居合わせた人に教えてもらいながらの電話だった。
今でも電話の掛け方には自信がない。
Eメールは息子と娘と年に数回のやり取りをする程度。
私はこのガラケーを持ち歩いたことは今までに5本の指で勘定できる程度だ。
ガラケーいつも我が家に居座ったままでした。
もちろん電池の交換なんてこともしたこともなかった。

解約手続き

AUのお店で解約を申し込んだ時、他社乗り換えか電話番号解約かと聞かれたが、答えに窮したね。
「もう使わない」と伝えたよ。
店員さんはパソコンを操って「電話番号を教えて下さい」「分かりません」と返答したら、「携帯電話を拝見します」だって。
その前に身分証明のために自動車免許証の提示を求められましたけどね。
解約違約金がないこと、当月分は日割りで精算されること等を説明されて最後に解約通知書にサインをして終了となりました。
解約で役目がなくなった電話機は手元に残りましたが、カメラとして使うことができると言われたので自宅に帰ってから試してみたら確かに撮れそうだった。

変人奇人

携帯電話やモバイル機器での通信の便利さを享受できなかった老人がいたってこと。
働いている人にとって、1秒を争うことだってあるでしょう、その時活躍するのがケイタイだったりしますよね。
動画を遠方にいて受け取ることでコミュニケーションが円滑になり、楽しみにしている人々も多いことでしょう。
手紙でのやり取りでは面倒ですものね。
便りがないのは良い便り、なーんて言われる時代ではなくなりました。
もし携帯電話を持っていない人への連絡手段なんて考えたことありますか?
固定電話に頼ろう、手紙を書こうしかないのかな。
不便と感じるか、面倒な関わりがなくなったと思うか夫々でしょうが、活用しなかった私にとって変化なし。
私宛には電話による詐欺の機会はなくなりました。それだけはメリットかもしれません。
これは転ばぬ先の杖でしょう。
現代社会で常識となっている?ケイタイ、利用できなかった一組の夫婦が私達。
文化程度が低いと思われるでしょうね、珍しい存在かも。
こんな変人がいることを紹介しました。
(たで)食う虫も好き好き
おせっかいな追記
このいわれはよく聞きますがどんな植物か知りません。それで検索したら1,100種もあるそうで写真を見るとよく見かける花もありました。葉っぱは苦いそうです。

写真出典先お花の写真集さま

蓼の花

蓼の花です。
よく見かける花のような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました