酒は燗

寒い時は日本酒だ

寒さが身にしみるこの頃、熱燗でキュウーっとね。
これ以外の方法で過ごす事を考えたことありません。
日本酒をお燗で晩酌してます。
量は増えたり減ったりとあまりしないのが晩酌たる所以でしょう。
よそさまの家の様子は知りません。
私の父も欠かさずやってましたね。
酒は焼酎専門でした。
私が子供の頃は豊かな生活なんぞ夢物語でしかなかったですから、清酒を飲めなかったんじゃないでしょうか。
もちろん私が成人してから飲み交わしたことはありましたよ。
その時は日本酒でしたね。
私が日本酒しかやりませんでしたから・・・

酒の好み

親父の息子は3人です。この3人がまたそれぞれ好みが違うってんで、おふくろも準備怠りませんでしたね。
親父は焼酎、日本酒、ウイスキーすべてOK。
兄貴は冷が好きだった、弟は焼酎とウイスキーを好んでいた。
そして私は日本酒熱燗専門。
それぞれ好みが違うと言ってもそこはそれ、のんべーの集まりだからなければ何でも持って来いとなるのが落ちだったが、やっぱり酒は日本酒だ。
いまじゃ親父はこの世にいないし、兄弟遠く離れ離れの住まいだから集まるのも容易じゃないから、どんな飲み方をしているのか知らない。
我が晩酌は一年中真夏と言えどお燗でなければ飲めない。
最近の量は2合と少々で酒量は落ちてきた。

自分が決めたものを他人の意見を入れないで日本酒は燗と押し通した。
今晩も
我がまま 気まま だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました