高齢者のブログにようこそ

高齢者の定義

日本老齢医学会が医学の立場から高齢者とは75歳以上とすべきと、提案したとか。
現在は65歳から高齢者と言われている。
私はお迎えがなければ、もう1年ほどで新提案の歳を迎えることになるはずだ。
高齢者と呼ばれるようになると生活する上で何が変わるのか知らない。
新提案は多分現在65歳未満に人たちに影響が出るんじゃなかろうか。
自分のことを振り返ってみると、今の体調で言えば高齢者だと思う。
毎日5〜6キロ程度のウォーキングだけは続いているが、体力の衰えは実感している。
歩くだけでなくジョギングの真似事をしても息切れして走り続けるのは無理だ。
道からはみ出した小枝に気が付かず当たってしまうこともままあるし、ころぶことも多くなった。
とっさの出来事に反応できなくなってきたのはここ2〜3年のことかな?
昨年運転免許証を更新した。次回は認知症の検査も含め更新時講習が待っている。
その時の判断によるが更新しないことも視野に入れておくことにする。

現在の体調

今は首が回しにくい状態だ。
数年前に頭痛で医者に見てもらった際、MRIの撮影を希望した。
亡くなった父が脳梗塞で倒れた実績から、その遺伝子を受け継いでいる私はこの病気が怖いからだ。
その時、頭だけでなく首から撮影されて頚椎ヘルニヤがあると告げられた。
生活する上で気にならない程度だったので今日まで過ごしてきたが、先月の28日頃から急に首が回らなくなった。
つれあいのヘルニヤが感染ったんだろうか、とさえ思われるようなタイミングで起きちゃいましたよ。
人間、体のどこかに不調があると先ず集中力がなくなると思っているが皆さんはどうですか?
だからってブログ書くのをやめるのはどうかなー。

ブログの効果に期待してる

いま、こうしてキーを打っていても思い出せない単語があって精神的に切れちゃうんですよ。
続かないんですね、気分も乗ってこない。(首や体調のせいにして責任逃れと言い訳ばかりだよ)
ブログなんて、やめたらいいんだろうと思うこともしばしばあります。
ありきたりの珍しくもないことを書いたつまらない文章でも、発表するためには必ず読み返えさなければならない。
こんな言い回しでは伝わらないかな?とか、話が繋がっているかな?とか、これでも結構気を使っています。
この気づかいがボケ防止になるんだと信じてやってます。
その割には誤字脱字やわけの分からない文書だと感じている方も多かろうと思います。ゴメン。
もし、だーれも来なくなったら発表はしないでしょう。
情けは人のためならず、と言います。発表は自分のためであるとね。

このブログのモットーとして上げたのは「元気で、ボケず、うとまれず」と書きました。
「元気」であったら気楽な生活ができますし、なにより酒が美味い。
「ボケ」たら存在価値がなくなりますし、女房子供を始めみんなに迷惑をかけ生き恥晒す(さらす)ことにつながります。
「うとまれる」とは嫌われていることで、皆から仲間外れされたら、これに耐えて生きてゆく意味がない。

弊ブログに検索してヒットしたから入ってみたという方は絶対ない。
なぜなら検索順位がそんなに高くないから。
無理しておつきあいして下さっているあなた、ありがとうございます。
間違ってクリックしてしまったからって方、こんなんでごめんなさい。

世の中で役立たずの邪魔者を
無用の長物
と言いますね、このブログもそのひとつです

コメント

タイトルとURLをコピーしました