現代社会はパスワード全盛 

パスワード

新聞報道によればFB(フェースブック)で5千万人分の個人情報が流失したとか。
FBに登録しているアカウントは14億人を超えているんだそうだ。
FBに限らずSNSに登録して情報を得たり交換したりしている人は多い。
これらのSNSにログインするにはパスワードが必要でしょう。
現代社会において、いろんな処でパスワードを使われています。
パソコンでもメールとか、このブログの作成用のソフトでも登録は必要ですし、投稿を表示してもらうためのサーバーへもログインが必要です。
ログインするためにはパスワードは必須です。
もしもブログのパスワードが盗まれて勝手に改造されたり、意図することとは異なる内容で投稿されるのは困惑するでしょうか。
もしかしたらその方が内容も見栄えして良くなるかも知れませんね。
そうなったら私の出番が失くなって腐りかけてる脳みそのシワが全部失われてしまうでしょう。
そうしてすべての記憶や判断力がなくなり生ける屍となるのです。
コワイですねー。

カード支払いは暗証番号

私、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょうと読み、老人には増えているんですって)とやらの宣告を受けてから病院へ10日おきくらいで行ってます。
この結果支払いを求められ、クレジットカードで自動精算機相手に格闘することとなるんです。
カードを入れろ、暗証番号を入力し確定ボタンを押せ、と命じられます。
カードを入れるや否や、暗証番号の入力を求められます。
もたもたしていると再び暗証番号を入力しろと催促されます。
記憶力と敏捷性が衰えつつあるから、機械が次のステップを促されるのはかえってマゴマゴを増進させるだけなんですね。
クレジットカードを読み取ればば高齢者と分かるはず。
高齢者向けのアナウススピードに適合させて欲しいと感じますね。
現在の支払い機は若い人向けだと思う。
支払い機の音声案内は動作が早い人向けですよ。
マゴマゴする人はカードで支払うのではなく現金払いすべきだと思われるでしょうが、現金での支払いでも同じような間で督促されます。
間が合わないと言うか、ひと呼吸間をもたせるようにして欲しい。
間に合わない、ではなく
間に合わせる、だと良いんですけどね。
待つ間が花、これを使うのは今回のケースには?マークですけど間に合わせです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました