いつまで我慢すれば良いのか

昨日整形外科へ

予約だちゅうの!
そんなもん無視だちゅうの!と返され待つこと1時間半。
ようやくDr.の前に座ることが出来ました。
「どうですか?」
「変わりはありません。朝寝起きの時の痛みはきついです」
こんなやりとりの結果、「同じ薬を飲み続けるのは良くない。自分で飲む量とタイミングを変えて飲んで下さい」
との先生の仰せ。
痛いときだけ飲むとか、2錠/日を1錠減らしてみたらどうかと先生はおっしゃる。
要は先生として打つ手なしと言っているのかと勘ぐっている。
自分で治せ、医者に頼るなってことかよと、後になってから気が付いた。
そんなことを経て、遅まきながら腹立ちを感じたお粗末さに、我ながら情け無いなー。

提案却下

私の方からお願いをしてみたことが1点ある。
春頃から首のしびれが出ていて先生に訴えたことがあったが、レントゲン写真では異常が無いとのことで据え置かれていた。
こっちもしびれより痛みを直す方が先決と後回しでも良いと強くは押さなかったが、最近このしびれが軽くなってきた。
これはリリカなる薬が効いているせいではないかと確認したら、その可能性はあるとの仰せ。
そこでリリカを強い薬に変更すれば足の痛みにも良い結果を産まないかと聞いたところ、曰く、めまいとかの副作用が出ますよ、だって。
結局経過観察することになった。
さて宿題を出され服用の量と時期の問題をどうクリアすべきか。
能もないのに宿題だされ、痛さこらえて過ごすことになりそうだ。
こんな言葉に出会いました。
堅忍持久(けんにんじきゅう)
つらいことに我慢強く耐え忍び長く持ちこたえること、だそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました