これでもブログ発行中

首が回らない

借金で首が回らないとはよく聞く話。
借金に追い詰められると筋肉が固まって首が上手く回らなくなるとも言われる。
私、最近首から肩にかけて左に向けばシビレが出て、右に回そうとすれば痛みが出る。
MRI撮影してもこれが悪さの原因だと、見つからないらしい。
微妙なところに異常があるのか撮影が芳しい結果を産んでいないのかどちらかだろう。
症状は明らかに出ているんだから何もないことはないはずだ。

貧すれば鈍する

このいわれは貧乏になると賢い人でも愚かになるとの教えだ。
首が回らないことから思いついたのがこの教え。
脳みそが貧しくなると、新たな発見とか思いつきが失くなっちゃうじゃないかと思った次第。
だから伝えたいことが出てこない。
ブログの新規投稿の間隔がどんどん広くなる気配だ。
書かなければならない義務は負っていない、とヒネてみる。
しかし、書けなくなるのは怖いです。
鈍になっちゃうことですものね。
痴呆症が進行中ってことでしょうか。
私の脳みそも、首が回らなくなって思うような言葉が出てこなくなったんだと思いたい。
邪魔している原因を取り除けば、脳みそは働きを取り戻せるんではないかと淡い期待をかけている。

言葉が貧困

ブログを書くとき読み手の人に伝わるように書いているつもりです。
でもこんなことを、この頃家内から言われます「主語がないから分かりません」とね。
省略しているつもりはないが、その時に言葉足らずというより、肝心な伝えたい言葉が思いつかなかったんですけどね。
主語がなければ伝わりません、本当にそうですか。
でも、結構会話の中でも主語省いていることって多くないですか?
「・・・伝わるように書いている」と書きましたが主語となる「私」は書きませんでした。
でも読んで下さった方には通じているんだと思ってます。
一を聞いて十を知るような方々ばかりと感謝してます。
私は大男総身に知恵が回りかねの方でしょう。
身の丈は並ですが横は太い→でぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました