暑さにもめげず

こんな治療している

前回の治療からここんところ毎日、切開した部分の絆創膏の取り替えにクリニックにお世話になっている。
直後の取り換え時は切り口にガーゼを押し込んでいたが、前回の木曜日にはこのガーゼを押し込まずに治療してくれたので、割合楽な傷口処置となった。
毎朝8時過ぎに出かけ、クリニックでの待ち時間にもよるが9時には戻って来れるので、暑さをほんのチョッピリだが避けることができる。
大体どこのクリニックでもお盆の期間は休む。
ここまでには傷口も塞がるだろうと期待している。

とぼとぼ通う

治療開始の日は麻酔のことも考慮して徒歩でした。
しかし、この頃の陽気は危険状態の気温だとかで、わずか15分程なのに大汗掻きながらの通いだ。
通勤時間にはやや遅めながらもお勤めの人たちと一緒になる。
歩いていても、ほとんどの人達が私を置き去りにしてしまう。
毎朝ウーキィングをしていても、女房同行だから歩く速度はやや遅めとなっているのが習慣化している。
この歩き方より更に遅れる感じでトボトボと歩いているんだから、ハイヒールの女性にも遅れを取る始末。
8時過ぎたらお陽さまが真上から、これでもかーって感じで照りつける。
女性は日傘を差している人が多い、おっとと駅の方から来た男性も傘を差している。
見た目は雨傘か日傘か私には判断できなかったが、多分日傘だろう。

通いの手段変更

昨日から自転車で通うことにした。
問題は駐輪場だ。
駅前ロータリーの反対側に有料の駐輪場があるが¥100/日。
1日お世話になるんだったら高くはない。
されど私の場合は30分もかからない。
マナー違反を承知の上で交通量の少ない裏通りに停めて、そこから200メートルぐらい歩いている。
もちろん日陰を選んで停めたいのはやまやまなんだが、許されそうな場所ではない。
これから数日こんな調子でご迷惑をお掛けすることになりそうだ。
厚顔無恥を地で行くようだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました