悪い前兆ではないと

思い出した

今朝は考えさせられることに出くわした。
今朝のNHKテレビで浅田真央さんのインタビュー放送をを見た方もいらっしゃるでしょう。
私は天気予報を見たくてスイッチを入れたら若い女性の顔がクローズアップされていました。
見たことのある顔だな、この人誰?と女房に聞いた。
女房は本当に思い出せないの、とさ。
ついで、真央ちゃんじゃない!浅田真央でしょ、と返してくれた。
私はあーそうだと思い出した。

未だ大丈夫だと信じたい

一頃は一世を風靡(ふうび)した人物ですよね。
何度もテレビに写ってましたよね。
言われりゃーああそうだった。
これは作りごとではなく、今朝起きたことです。
その後、知らん顔して新聞に目を通していましたが、内心ヤバーと思って文字を読んでいないことに気がついた。
これって、恐れていた痴呆症の始まりかなーとね。
でも、こんなこと年取れば1度や2度誰でもありますよね。
もしかしてボケが始まったんでしょうか?
朝飯食べたかどうかはしっかりと憶えていますから、未だ大丈夫でしょ。
おかずは納豆と好物の漬物と昨夜の残り物のきんぴらごぼう風の煮物だった。
恐れていた事態が刻々と迫ってきているんだろうか。
脳の血管が切れたような感じは無いんだけど。
もっとも血管が切れた事は未経験だから判断できない。
虫が知らせる
と言いますがこれは悪い予感の前兆でないことを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました