たまに使うからこんな羽目に

windowsでおたおた

ここ2日ばかりwindowsで手こずって他に手がつかない。
朝から晩まで掛かりっきりと言うんではないが、慣れない作業は意図も分からないまま、あーでもない、こーでもないと迷っていた。
それもこれもwindowsのアップデートから始まったのだ。
パソコンはできるだけ最新の状態で使えと言われているから、windows搭載のノートパソコンを起動させたら、最後にwindws up dateの有無を確かめ、あればインストールさせるのが常だった。
更新の目的等々については未確認のまま行っていた。
それが今回仇となったようだ。
入れてあったアプリケーションソフトが消えてしまったのだ。
Microsoft Officeまで失くなっていた。
wordはともかくとしてexcellだけはどうしても欲しいとネットで検索しながら方法を探していた。
同じような解説記事ばかりにぶち当たって目的が果たせないでいた。
購入した時の付属品を見たがバックアップCDなんて無かった。
自分でバックアップをUSBメモリーに取ってあったが、これを使えば購入時点には戻せるはずだが、今回のように更新作業をすればまたアプリソフトが消える心配もあって、踏み切れずにいたのが時間がかかった要因だ。
最後は個人のサイトに紹介されていたやりかたで何とか問題をクリアできた。

多勢に無勢

これは日頃からwindowsを使っていない私のせいだった。
そして慣れない操作にイライラしながら、使わざるを得ないのもwindowsという巨人のせいです。
欲しいアプリソフトがwindowsで動くようになっているからだ。
ちなみに銀行振込をするためにlinuxで起動させたらセキュリティの観点からソフトをインストールせよ、このソフトはwindowsとmacに適用されるとあった。
私が日頃使っているlinuxというOSではセキュリティ効果を発揮できないソフトらしい。
linuxの占める割合は大幅に見劣りします。やむを得ないんでしょう。
市場占有率が低いパソコン(OS)では誰も助けてくれないようです。
まさしく費用対効果を地で行ってるってことですね。
windwsは私にとって
帯に短したすきに長し

コメント

タイトルとURLをコピーしました